人間の生命を脅かしているの連日の猛暑

今年5月末以降、熱中症での搬送者が全国で3万人を超え
東京23区だけで死者は100人に達しています。

そのうち9割が室内で亡くなっています。

高齢者やクーラーが嫌いなどという状況で
外からの熱風が入りこんでしまっている中での熱中症の感染者が
非常に多いという今までに無い現象がおこっています。

異常な熱帯夜のため
熱中症の死者の4割が夜間に発生しています。

東京では去年は0日だった最高気温が27℃以上の日が
今年はすでに14日も・・・!

こうした都市部の猛烈な気温上昇の背景には
急激な地球温暖化現象も指摘されていて

昨年、環境省が公表した報告書には
「過去100年の気温上昇をみると特に大都市では地球温暖化に
 ヒートアイランド現象による影響が加わることでより大きな気温上昇が
報告されている」

生態系や人間の生命を脅かす環境の変化に
私たちはどう対処したらいいんでしょうか?

江戸時代から緩やかに気温は上昇していましたが
近代化とともにそのスピードが加速しているという報告もあります。

都市化が進むと土と緑が全てアスファルトに変わり
クーラーからは熱風が吐き出されていることで

地球上では、100年間で0.6℃気温が上昇しています。
しかし、都市部では2〜3℃上がっています。

都市部では地球温暖化にヒートアイランド現象が
加味していることをあらわしています。

昔は昼間は暑くても夜は冷えていましたから
夜に熱中症にかかる人はいなかったんです。

しかし、現代は夜の気温は下がらないし
住宅は密閉されていますから余計に高温になるから
夜に熱中症患者が増加するということになるんです。

ヨーロッパでは
2003年には熱波に襲われ、フランスでは1万人以上の死者がでました。
2005年にはドイツ、オーストリア、スイスが洪水に襲われたことで

ドイツ、フランスを中心に一気に地球温暖化対策に政策をシフトさせました。

特に日本の国土面積は小さいので街の中に公園を造るんではなくて
ヒートアイランドを抑えるためには

緑の中に街があるというふうに転換しないと
毎年同じことの繰り返しになるでしょう。

シンガポールでも
ガーデンシティからシティ・イン・ザ・ガーデンという
庭園の中に都市があるとコンセプトをガラっと変えました。

国民の生命が危険な状況でも
何故、日本の政治家は勢力争いばかりしかしないんでしょうか?



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ

ハイチ大地震から7カ月!

ハイチ大地震から7カ月!

明日、8月15日は65回目の終戦記念日ですね。

今年、1月12日に世界の最貧民国ハイチ共和国を襲った
大地震から7カ月が過ぎました。

2010年1月12日 午後4時53分頃発生(マグニチュード7.1)
犠牲者は、約22万人
被災者は、約300万人

現在も多くの被災者は40度超す猛暑の中で
扇風機やクーラーもない仮設テントで160万人が暮らしています。


ハイチ共和国は
※総人口988万人(2010年現)
総人口約988万人(18歳未満の人口は約429万人→国民の半数が子供)
総人口の57%にあたる564万人が1日約110円で生活している
世界最貧民国なんです。

ポルトーフランスは人口200万人のハイチ最大の都市です。
22万人の犠牲者の大半はポルトーフランスの住民です。

ハイチは1月12日から時間が止まったままです。
どこを歩いても崩れた建物と瓦礫の山ばかり!

復興作業は続いていますが
重機が足りず解体作業など全てを手作業でおこなっていて
ほとんど進んでいません。

各国政府は復興支援金の拠出を約束してはいるものの、
半年で実際に支払われた額は2パーセントだけなんです。

各国政府が3月に拠出を表明した総額53億ドル(約4660億円)の支援金のうち
ハイチに実際に届けられたのは約1億ドルだけ。

支払いを開始した国はブラジル、ノルウェー、エストニア、オーストラリアの4カ国。
11億5000万ドルの支援を表明した米国は議会から予算承認を受けておらず、
支払いを保留。

ハイチの債務を一部免除している
ベネズエラも13億2000万ドルの支払いを開始していない。

スペインやフランス、カナダも未払いのままだ。

支援金拠出の期限は来年半ばであり
各国政府は経済危機の影響もあって容易に拠出できない状況でもあります。

ただ、約6400人の死者が出た阪神大震災(1995年)後ですら、
本格復興には7年前後も要しましたから

ハイチは、いったい何年経てば元通りになるんでしょうか?

ライフラインの整備も進んでいないため
マンホールの中の水が生活用水になっていて
洗濯や体を洗ったりしています。

しかし、この水は下水からあふれたもので
水が濁っているだけでなく、強烈な臭いも発生していて
衛生状態も心配されます。

元々、下水などのインフラ整備が遅れていたはいちですが
その状況はますます深刻化しています。

ハイチ地震から半年 ハリケーンにおびえる被災者



ハイチでは、経済的な理由などから8割の女性が自宅で出産しています。
勿論、医師の立会などはありません。

そのため、出産が原因で死亡する母親の割合は10万人中670人で
日本のおよそ100倍です。

もし仮に無事出産できたとしても、その先に待っているものは…
貧しさや被災生活で希望すら見えない状況です。

その結果
子供への身体的虐待、言葉の虐待は地震以前から120万人にものぼり
問題となっていました。

生活に苦しい親が子供に虐待を加えることが多くて
地震後も虐待を受ける子供の数は増えています。

ハイチでは実の親が子供を他人の家庭に預け
食事や住居、教育と引き換えに家事労働をさせることがあります。

子供の保護活動を展開しているジャン・ロベール・カデ氏によれば
こうした重労働をさせられている子供は地震前のユニセフの推計で約30万人いたが
「国際社会が手を打たなければ、この数字は倍増する」と危機感を募らせています。

「子供は預けられた先で家族全員にこき使われます。
 女の子の場合は性的虐待を受け、妊娠する危険もある」
とカデ氏。

重労働をさせられている子供の80%は女児で、妊娠した少女は家から追い出され
田舎に送られてしまうというハイチの現実をどう思いますか?

犯罪行為が猛威振るう  大地震から半年のハイチ


また、地震で4000もの学校が倒壊で破損したままで
多くの学校で今も授業は再開されていません。

さらに、地震後ほとんどの子供が学校に行けないようになっています。
親たちが学校に払うお金がなくなってしまったからです。

貧しさと貧困で苦しむこの国で
最も犠牲になっているのは子供たちです。

世界最貧国ハイチを襲った大地震は
子供たちをさらに苦しめ、その夢さえも奪おうとしています。

子供たちが希望を取り戻す日はくるんでしょうか?


ユニセフ ハイチ地震最新レポートとハイチ地震緊急・復興支援募金はこちらから




ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ

科学も追いつけない自然の猛威!

梅雨明け後の3連休最終日は
全国的に今年一番の暑さになりましたね。

今週いっぱいは暑さが収まることはないみたいなので
熱中症などに十分注意してくださいね。

今年の梅雨は全国的に大きな被害が出てしまいました。

3時間で103ミリの降水量と観測史上最大を記録した
愛媛県松山市では、夏目漱石ゆかりの建物“愚陀仏庵”が全壊!


12日から14日の3日間に降った雨の量
福岡県北九州市小倉南区では500ミリを超え
観測史上1位を記録したり

広島県庄原市では16日(金)
1時間の降水量としては観測史上最大の64ミリを記録しました。

2010年の梅雨期(6月11日〜7月17日)で大雨被害は
死者:11人  行方不明:8人
がけ崩れ:1245か所
床上・床下浸水:5699棟となっています。

がけ崩れも今までは表面の地層が崩れる表層崩壊だったのが
今回は、さらに深い岩盤の部分から一気に崩れ落ちる
真相崩壊多く見られたのが特長です。


日本は火山国なので
降った灰と噴石という石が堆積して
できているところが非常に多いんです。

川の流れる方向の川底の傾きを、河床勾配(かしょうこうばい)といいます。
山間部では河床勾配が急になり、平野部では緩やかになりますが
日本は山地が多く平野は少ないため、ほとんどの川が急勾配河川になります。

そのため、一定の雨が降ると一気に下まで崩れていきます。

悪天候の状況は
日本だけでなくて世界中でおこっています。

アメリカでは今世紀に入ってハリケーンが倍増しています。

今の状況に科学が追いつけていないのが現状です。

温暖化が原因なのか?
それとも別のところに原因があるのか?

そして、温暖化においても
何故、温暖化が起こっているのかという
詳しいことまで科学は解明できていません。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ

牛・豚・鳥が人類に言いたいこと

去年から今年の初めにかけて、
鳥とか豚のインフルエンザで大騒ぎしましたが

宮崎県で発生した、家畜の伝染病“口蹄疫”
4月20日 口蹄疫の疑いのある牛が確認されて以来
数週間で100箇所を超える拡大をしています。

処分の対象になっている家畜は、およそ11万頭を突破!
しかし、処分した家畜を埋める土地などが足りないため
全体の半分程度しか処分は進んでいないんです!

過去には
97年に台湾で、01年にイギリスで大流行し
数百万頭の家畜が処分されました。

口蹄疫とは、世界で最も怖れられている、家畜の悪性伝染病で
ウイルスから感染し伝染力が非常に強いということが特徴です。

人には感染しないと言われていますが、感染力が強いことから
自動車のタイヤや野生動物などを通じて、知らない間に広がっていきます。

その影響は、畜産農家に止まりません!
宮崎県の畜産の街は、口蹄疫で大打撃を受けています。

商店街からは人影が消えました。
地元の経済はストップしたままで
街が無くなってしまうかもしれない状況になっています。


今回のウイルスは
00年韓国で発生したウイルスと98.59%一致
09年香港で発生したウイルスと99.22%一致

アジア地域から感染した可能性が高いと見られています。


一方、ここまで被害が拡大しているにもかかわらず
政府の対応は、一向に進んでいない状況です。

畜産をゼロからスタートさせるとなると
借金を抱えて2年間無収入となる現実を突きつけられています。


国として、畜産農家をどう支えていくかを早急に決定しないと
宮崎県の畜産の街は本当に消えてしまうかもしれません!

私たちがしっかりと認識しないといけないのは
鳥インフルエンザとかBSEのように
人に感染する恐れがあるというものではなくて

仮に感染した肉などを食べたとしても

人には感染しないんだということを

メディアにもしっかりと報道してほしいですね。


中国周辺では去年から、ほぼ全域で口蹄疫の感染が発生しているんです。
中国から輸入した稲のワラが感染源と言われたり
人に付着して入ってきてしまうとか

感染源に関しては、いろんな説があります。

現代のように国境を越えて人や物が動き回る
経済の仕組みの中では国境を越えた感染症に対しての対策を

地球全体で考えなさいと言われているのかもしれません!

フランスでは、国を越えて行動する人から航空課税を納めてもらって
アフリカ熱帯感染症の原点となっている可能性が高い地域にODAの形で
ワクチンや消毒剤の予算補助を援助する動きをはじめています。

日本もグローバル化した感染症の対応が必要なのと

今回も感染した牛豚は、ワクチンが有るのに使わずに全て殺処分しています。
感染した牛豚と、抗体を持ってる牛豚との区別がつかなくなって
ワクチンを接種した牛豚だと商品価値が無くなるので
治療せずに全て殺処分してるんです。

今後の防疫対策などを審議する農林水産省の専門家委員会は、感染していない
家畜に対し「ワクチンの使用を検討すべき時期に来たと考えられる」と
提言していますが

感染した牛や豚の殺処分が追いつかないから
殺処分の時間を稼ぐことができるからという理由からで・・・!?

人間のというものに対する傲慢な考え方を
私たち地球人全員が見直さない限り、同じようなことが繰り返されるでしょう!

今まで人類に近づこうとしなかったウィルス
環境変化や破壊によって、人間の生活に入ってきたことをどう捉えるか
地球が人類に対して警告を発しているのかもしれません。

地球に、我々が殺処分されるかどうかの曲がり角にきています。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ

CO2より怖い人間の悪想念!

COP15の意図は何で、何処へ向かいたかったんでしょうか?

結局、最後まで自国の利害の主張と他国の批判ばかりでしたね。

二酸化炭素の排出と同じぐらい
人間から出される不平、不満、妬み、嫉み、批判、悪口などの

悪想念は人類・・・地球を内部から腐らせていきます。


世界のCO2排出量を表すグラフですが
2007年のものが最新のデーターとなります。

G8(先進国)が占める割合は約39%
G8以外のG20(新興国)が占める割合は約38%

今回のCOP15でアメリカと中国が一つのテーブルに着いたということは
意味あることだと思いますが

しかし地球はすでにエコロジカル・フットプリントという考え方で言えば
2.5個足りない状態です。

2050年までにCO2の排出量を半減しないといけないということが前提なんです。

英国のハドレイ気候予測センターは
100年後に海面上昇が10cm〜25cmで収まるだろうと言っていたのが
最大1メートルと予測修正しています。

50cmでも沿岸部の都市は危機的状況なのに
1メートル上昇となると世界の沿岸都市は全て水没するということになります。

今でも温暖化が原因での異常気象が世界中を襲っています。
 

 



COP15に参加している国の大半は水没するという状況なのに
自国の利害の主張ばかりしていて大丈夫なんでしょうか?

アメリカは、2005年比で17%削減といっていますが
日本と同じ1990年比では僅か4%の削減です。

中国は、1990年〜2007年までにCO2排出量を40億dも増加させています。
40〜45%の削減というのは一見すごい数値のように見えますが

GDP一人当たりというのがカラクリで
世界経済は中国頼みという現実からすると、経済成長著しい中国は2020年まで
ドンドンGDPは増えていきますから増えた部分の40〜45%削減なので

現在の排出量より大幅に増加しているという状況なんです。

世界1位の中国と2位のアメリカがこんな誤魔化しをしていては
CO2の削減なんて実現できるはずがありませんね。

地球の生き残りをあくまでもベースに考えて
人類の生き残り、国々の生き残り、企業の生き残りを世界が協調して
CO2排出量の半減に向けてどうやったらいいのかをCOPで考えて欲しいですね。

各国が経済的配慮を胸の内に隠しながらモノを言っている。

今や経済優先の社会、文明になってしまって、大きな格差もある中で
一部とは言いませんが、それに近い人たちの金儲けのせいで地球が滅んでいく。

先進国が金持ちになったんだから、
自分たちも金持ちにさせろという議論をやっていたんでは解決しないでしょう。

その背景にある“世界の経済の有り方” “文明の有り方”
というものを世界が一つになって考えていかないと・・・!

CO2の問題だけでは結論が出ないところまで追い込まれているということに
気づけといわれているのかもしれませんね。

映画 2012 が現実になる日を防げるのは私たち自身です。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ

COP15は利害の主張の場

参加192カ国というかつて無い規模で“温室ガス削減”

中期目標などを盛り込んだ「政治合意」を目指す

国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議 COP15
デンマークのコペンハーゲンで12月7日〜18日まで開催しています。
18日は首脳級会合が開催されます。


開幕早々 各国の利害が激しくぶつかり合っています。

「2000年から2009年は最も気温が高い10年になりそうです。」と
世界気象機関から発表されました。


温暖化が原因とみられる被害は世界各地で相次いでいます。

中国やオーストラリアは深刻な干ばつに


アメリカでは2005年8月に巨大ハリケーン「カトリーナ」が上陸
都市を一気に飲み込みました。


ヨーロッパでは2003年 異常高温による熱波で年間に約2万人が亡くなりました。

そして地球温暖化による海面上昇で大きな被害を受けているのが
南太平洋にある人口1万人足らずの島国「ツバル」や

人口1500人が暮らす海抜が150cmの
パプアニューギニアにあるサンゴでできたカトーレック諸島や

イタリアのベネチア


アメリカのシンクタンク“ワールドウォッチ研究所”が
「地球白書2007年」で地球気候変動による海水面の上昇が続けば
2015年までに世界の21の大都市が危険な状態になると警告しています。

この中には東京、大阪、神戸なども含まれています。

このままでは100年後には多くの大都市が海に沈んでしまうとまで言われています。
同研究所は、人口800万人以上の都市33ヶ所における海面上昇の影響を推測

以上の都市が最も危険な状況下に陥ると指摘しています。

これまで先進国の責任ばかりが問われてきた温室効果ガスの削減問題。
近年、新興国のCO2排出量が急激に増加

中国は世界最大 インドは4位の排出国となっています。

そのためツバルなどの小さな島国やアフリカの途上国が
中国やインドにもCO2の大幅削減を求めていますが

中国やインドはあくまでも責任は先進国にあると主張。
中国の代表は、「これからはCO2の排出は我々途上国に譲るべきだ」と
インドのシン首相は、「CO2の歴史的蓄積は我々とは何ら関係ない」と

そして中国の批判の矛先は日本でした。
「日本は自惚れてはいけない。25%の削減目標が確実に実施されるかは判らない。
 1990年〜2005年まで毎年8%づつ増えてきたのだから」と

中国は言いたい放題です!!

先進国が発展途上国に対して2012年までに
年間100億jを支援提供すると話し合われたのに

ここでも中国が
「100億jは世界人口の一人当たりにすれば2jにもならない。
 2jではコーヒー1杯も買えない」と

これに対してアメリカは他国と協力して、2020年まで年間1000億ドル(約9兆円)
規模の支援を行う用意がある」と表明しました。

条件としては、すべての主要国が温室効果ガス排出削減について「強力な合意」に
達した場合に、この支援を行うとクリントン国務長官は表明しました。

それにしても中国は前向きな削減努力を一切示さずに他国への攻撃ばかりで
会議の進行をとめてばかりで何をしに来たんでしょうね。

地球温暖化は各国の思惑とは無関係に待った無しで進行しています。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ

s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。