世界的な金融大変革時代へ

【世界的な金融大変革時代へ】

米英のマスコミや経済&金融アナリストらが、
いっせいにドル崩壊の可能性を指摘し始めています。


米ワシントンポストは「アメリカは巨額の貿易赤字、不況、原油高、インフレ、

金融危機など、あらゆる経済難を一挙に受け、ドルの大幅下落に直面している。

しかも、危機からどうやって脱出できるかわからない状態だ。

連銀は追加利下げしそうだが、それによってますますドルは危機になる」
という趣旨の記事を約一ヶ月前の3月13日に出しています。


英ガーディアン紙は、3月14日の「自己増殖する金融危機」と題する記事で
「米連銀は事態を制御できていない」

「この危機はソフトランディングできるという予測は間違いだ」

「1930年以来の巨大な金融危機になる」

「市場の混乱は今後もっとひどくなる」

「ドル安は加速し、近く先進各国の中央銀行がドル救済のため協調介入するだろうが
歯止めにはならない」

「相場の下落は、アメリカの不動産市場に底値が見えるまで続くが、
底が見えるのは、まだまだ先の話だ」と指摘している。


英テレグラフ紙は3月14日の記事で
「インフレに苦しむアジア(中国)や
中東(アラブ首長国連邦・バーレーン・クウェート・オマーン・カタール・サウジアラビア)などは、
インフレの元凶である自国通貨の対ドル為替連動(ペッグ)を外すことを
検討しているが、ペッグが外れたら、ドルは急落する。


世界的に過剰なドルが貯まっているので、ドルはいったん急落すると、
どんどん下落幅が拡大するだろう」とするアナリストの指摘を載せている。


フィナンシャルタイムスは、毎日のようにドルの危機を警告する記事を出している。
「債券市場は、底が抜けた感じになっている。連銀は有効な対策を打ち出せていない」

「IMFは、先進各国政府に、最悪の事態に備えよ、
公的資金を使って国際金融危機の悪化を食い止めよ、と要請している」

「米欧日の当局が市場介入してドルの下落を抑えるべき時がきているが、
介入で現在のドル相場を維持することはできず、ドルの下落速度を遅くするだけだ。
(対米貿易黒字が多い日中など)


アジア各国は、自国通貨の対ドル為替の大幅切り上げを容認せざるを得なくなる」
などと、一連の記事で書いている。


米AP通信は3月13日、世界中の商人たちが、米ドルでの支払いを受け取らなくなり、
ユーロなどドル以外の通貨が好まれるようになった現状を書いている。

各国の当局は、まだドル本位制にこだわっているが、
すでに民間の商売人たちの間では、ドルは基軸通貨ではなくなっている。


米政府は以前から「強いドルが望ましい」と言い続けているが、
彼らの発言と行為は全く正反対で、
やっていることはドル安を扇動する行為の連続である。


そのためロイター通信などのマスコミも
今や、米政府高官が「強いドル」と言うたびに、
それは実は「弱いドル」のことだと考えざるを得なくなったと書いている。

ブルームバーグテレビの取材に応じた投資会社の経営者(Marc Faber)は
「ドルは紙くずになった」と宣言した。
この発言を紹介した分析者は「G7(先進各国)がドルを買い支える話が出ているが、
馬鹿げている。


米当局がドルをどんどん増刷し、どんどん利下げして、
米自身がドルを下落させている時に、他国がいくら買い支えても、
下落が止まるはずがない」と喝破している。


今、アメリカの金融市場で起きていることの基本は、
昨年夏に発生したサブプライム住宅ローン債券の市場破綻(売れ行きの急激な悪化)が、
劣後のローンであるサブプライムの市場から、
今年に入って、優良な一般の住宅ローン債券や、
商業地の不動産を担保とした債券へと感染したことである。


しかし、金融危機が悪化し、
格付け会社がAAAとみなした債券の中からも破綻が続出し、
格付けも信用できないという懸念が金融界に広がり、
不動産担保債券の全体が、もはや安全ではないとみなされるようになった。


これまで皆が大事に持っていたお金が、
実はタヌキが化かした葉っぱだったとわかったような状態で、
金融界のパニックは拡大した。

今、経済大国、経済覇権のアメリカがもがき苦しんでいる。
そして、最後の大戦を仕掛けているかもしれません。

(参照:田中 宇)

次回は石油・金・穀物相場の上昇の要因から、
「ドル・ユーロ・円」経済覇権への押し付け合い。へ つづく




ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。