国民生活を直撃(ガソリン税)

ガソリン税が一時的に? 廃止となりましたね。(喜んでいいのか・・・どうなのかです。)
このことで、ガソリンスタンドの経営はますます危機に追い込まれていき、
倒産するところもでてくるかもしれないですね。

このことで、民○党の偉い方が、「国民に多少の混乱が」って発言を
されていましたが、永田町に居ると国民生活がまったくみえなくなるんでしょうかね。


そもそも、ガソリン税の議論って、一日に3億円もかかる国会を
何日も空転させてまでやることなんでしょうか?

ガソリン税の成り立ちをもう一度見てみましょう。

いまから50年以上前、日本の道路の整備は遅れていました。
一方、自動車を使う人は増えていきました。

そこで、国は道路ができて便利になる人(自動車を使う人)から税金を納めてもらい、これで道路をつくろうと考えました。

それがガソリン税です。


ガソリン税には、揮発油税地方道路税という名前の2つの税金があります。

ガソリン税は、道路を作るために使われ、他の目的には使われません。
他の税金とちょっと違うのはこの点ですね。

道路を整備するために使われる税金を、道路特定財源といいます。
こうして全国で道路が整備されていきました。

ところが、道路ができると自動車を使う人も増えていきました。
渋滞があちこちで起き、道路をもっと整備しなければいけないと国は考えました。

また、道路工事をする会社も儲かるので、道路の整備をもっとするよう求めました。
でも、そうするためのお金が足りません。
そこで、今から34年前の1974年、税金の金額をしばらくの間、
とりあえず上げよう、ということで暫定税率が決まりました。


とりあえずの税金でしたが、道路が必要だといって、“とりあえず”をもっと続けようとなりました。だいたい5年ごとに、延長されてきました。
そして、“とりあえず”といったのに、ガソリン税が30年以上たったいまも、そのままなのです。

今も年度末に向けて、予算を使い切るための無駄な道路掘り返し工事など公共事業のための税金がスタートしたということです。

いま道路を整備するため使われる、ガソリン税のような税金は、5兆4千億円にのぼっています。

ガソリンはいま平均すると153円くらいですが、そもそもの税金はおよそ29円。

これに“とりあえず”といって上乗せした分が、およそ25円で税金は合わせて54円。

つまりガソリンの3分の1が税金なのです。

ガソリン税については、「道路はもう十分に整備されている。
“とりあえず”が長すぎるのでもういらない」という意見や、

「最近は、ガソリンの値段も上がって国民の生活も苦しくなっているのだから、
税金を下げるべきだ」という意見や、

これに対して、「とりあえずの税金をやめると、国や地方に入る税金が、
2兆6千億円も減るので、国民の暮らしにも影響がでる」という意見や、

「地方では道路が整備されていないので、救急車が入れないようなところもある。
これからも道路を作ってほしい」という意見もあります。

また、「税金が安くなると自動車を使う人が増え、
排気ガスのために二酸化炭素が増える。
環境に良くないから税金は下げるべきではない」という
とんでもない意見を福田総理が報道陣に言ったり・・・・・?

このほか、「もし“とりあえず”を続けるのなら、その税金を、道路以外の、
学校や病院など他のものにも使えるようにすべきだ」という意見もあります。

各都道府県では道路整備事業を一部凍結する動きが相次ぐなど、
地方財政への影響が拡大。
額賀福志郎財務相は、暫定税率期限切れに伴う自治体の歳入不足には
「国の責任で適切な財源措置を考えていく」と明言した。

ということは、期限内にガソリン税を維持できなかったからまた国民の税金をムダに使うことを迷言しただけで何の対策にもならないですね。


道路整備が遅れていた50年前ならいざしらず、今は道路特定財源と言いつつ、
議論の採最終目標は管轄が多省庁にまたがるため、
各省庁はムダ使いをしたいがための争いをしているとしかみえないですね。
今、旬というか人気のある東○原知事まで使って道路の必要性を語らせたりと・・・・?

必要あるものには税金を投入して、ムダな道路も含めて、
ムダ使いは一切いしないという単純なことをいつも高学歴の議員、官僚の方々は
自己欲に目がくらんでいるとしか。

塩爺の名格言が懐かしいです。
「母屋ではお粥をすすっているのに、
離れでは子どもまでがすき焼きを食べてる」。

今は「国民は木の根っこや葉っぱを食べてるのに、
政治家・官僚は三ツ星レストランで贅沢三昧」ですかね。

今の総理、内閣になって日本の歴史上初めてのことが立て続けに続いている状況。

日銀総裁が不在の間に、期末株価、5年ぶり大幅下落=サブプライム直撃で27%安−時価総額159兆円減。
道路財源の暫定税率は1974年の導入以来はじめて失効したり、
穀物や牛乳などの値上げなどなど・・・?

前々総理から引き継いでいる医療、年金など・・・
本当に崖っぷち内閣になってしまいましたね。

全てをアメリカの言いなりになって丸投げする総理や、すべてがギリギリで優柔不断しかもすべてが悪い方にしかいかない総理?
日本の国はどこへ向かうんでしょうか?


もう、自分たちの将来は自分たちで創りあげていくしかありません。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。