国民生活を直撃(後期高齢者医療制度NO.1)

後期高齢者医療制度 No.1

平成20年4月から現在の「老人保健制度」に変わり
「後期高齢者医療制度」が始まります。


75歳以上を対象にした「後期高齢者医療制度」が始まると同時に、


70〜74歳のお年寄りは2割負担に。


65歳以上は、国民健康保険料が年金から天引きされます。


昨年6月の医療改悪法で、こんな「お年寄りいじめ」の政策を決めた
政府の責任は重大です。

75歳になったその日から、今までの保険ではなく、独立した保険制度に
一人一人が加入することになります。
今まで保険料を払ってなかったサラリーマン等の被扶養者も
それぞれ保険料を強制的に年金から引き落とされます。


後期高齢者は、これまで加入していた国民健康保険、健康保険組合や
共済組合等の被扶養者から「後期高齢者医療制度に加入し、
保険料を納め、広域連合が交付する被保険者証を医療機関に提示して
受診することになります。


この制度は(保険料という)入山料を取る現代の姥(うば)捨て山と同じです。
日本はかつて長寿を祝う社会だったのに・・・
高齢者が肩身の狭い社会にしてはダメじゃないでしょうか。



◆保険料は?

後期高齢者医療制度の加入者は、全員が保険料を納めなければなりません。

※社会保険等の被扶養者となっていて、保険料の負担がなかった人も
保険料を負担することになります。


75歳以上は、いま加入している国民健康保険や組合健康保険などから抜けて、
後期高齢者医療制度に入ることになります。約1300万人が対象になります。
新制度では、75歳以上のすべての高齢者が保険料を支払わなければなりません。


現在、子どもの扶養家族になっていて保険料負担がない高齢者も、
例外ではありません。(払わなければいけなくなりました)


保険料の額はこれから、都道府県ごとに決められます。
厚生労働省は一人あたり平均で月6,200円、年間74,000円になると試算しています。


年金を月15,000円以上受けている人は、保険料が年金から天引きされます。


「保険料を確実に徴収するため」(厚労省)です。


75歳以上のうち、8割程度の人が天引きの対象になります。
すでに年金から天引きされている介護保険料(平均で月4,910円)と合わせると、
平均で月10,000円を超える保険料が年金から自動的に引かれてしまいます。
しかも、これに便乗して、65歳以上の国民健康保険料も、
4月以降は年金から天引きされることになります。


負担増だけではありません。


保険料が払えない高齢者から保険証を取り上げることまで始めようとしています。

今は、75歳以上の人の場合、国保料を滞納しても保険証は取り上げていません。
しかし四月からは、滞納した人は、75歳以上であっても、
容赦なく資格証明書を発行して保険証を取り上げます。

資格証明書では、病院の窓口で、かかった医療費を全額(10割)
払わなければなりません。


貧困で苦しむお年寄りから、医療までも奪い取る制度っておかしくないですか。

後期高齢者医療制度No.2へ つづく・・・



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。