鳩の糞のような閣僚は要らない!

自民党の谷垣総裁は
「『最低でも県外』ということをおっしゃって、
沖縄県民の期待をあおってきたことからすれば、明確な約束違反であります」と
述べていますが

現行案をつくったのは自公政権ですから、政権が現在も続いていたら
沖縄県民の意志など二の次で積極的に現行案を推進していたでしょう。

だから、自民党には鳩山総理を批判する権利はないし
マスコミやメディアも何処かから指示でもされてるかのごとく
批判をしていますが、事実だけを報道してほしいですね。

このように、日本全体が基地問題を考えるきっかけをつくったのは
政権交代があったということは事実です。

自公政権が続いていたら間違いなく
沖縄県内での基地移設しか考えられなかったでしょう。
県外や国外へ移設なんて発想は誰ひとり口から出ないでしょうね!


今、沖縄の負担を全国の自衛隊や米軍基地に移すと問いかけても
全ての自治体が反対するでしょう。

それなのに、平野官房長官は、ヘリコプター部隊の訓練移転案として
「九州内の自衛隊基地とのローテーション」…!???

米軍普天間基地移設問題は、非常に難しい問題なので
民主党の主要閣僚をはじめとする幹部たちは普天間問題から逃げようとしている。
この問題にかかわろうとしていないというのが実情です。

今までの鳩山首相の迷走の全ては
総理の周りの主要閣僚たちがいろいろなアイデアを持ってくるけど
民主党の議員は、どうも情報の掴み方や選び方に問題がありすぎですね。

徳之島分散案は突然出てきたんではなくて

鳩山首相には「徳之島から、やりたいと言ってきている」
伝えられていたんです。

「やりたい」と言った人は極めて利権に絡んでいる人であって、
肝心の徳之島の住民への根回しなどまったく行われていないから
当然大騒ぎに!


普天間基地周辺の住民との対話集会の場所となった小学校。
その小学校は、普天間基地に面しており、危険極まりない状態にあります。

子どものことを考えたら、当時の自民党政権は、時間がかかる基地移設より
小学校を先に移設に力を注ぐべきだったんです。

自民党時代にその小学校の移転が検討され、移転先まで決まっていたのに

反対派がこの小学校がなくなれば、
普天間基地の危険性を象徴するものがなくなってしまうという思惑で
移転を拒んだという経緯があります。

そこで学ぶ小学生たちを犠牲にしたのは
地元の反対派と自民党です。

今の日本国内の状況は
国民の総意として、米軍の基地は要らないからアメリカに帰ってくださいと!

しかし、日本の安全はどうするのか? 自衛隊をこれから強化するのか?

極東アジア・アジア太平洋の問題として
アメリカが気にしている中国、中国が気にしているアメリカの関係をどう見るのか?

米中関係の現実、将来への認識を共有しないといけないと思います。

そのために5月末なんて期限を決めさせる“根拠のない案”を総理に持っていって
難しくなるとまったく知らん顔をする閣僚たち!?

長期的、中期的、短期的な展望を明確にしないと国民は納得しないでしょう。

そのためには、根拠のないアイデアを持って来て
勝手に総理も了解したなんて記者会見で発言する閣僚を切って

バラバラになった官邸機能を官房長官を含めて見直していく必要があります。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。