迷走 民主党

晴天に恵まれたGWとは裏腹に
厚い雲が立ち込めるかのような永田町

激震が走ったのは、民主党の小沢幹事長に対して
検察が「不起訴」とした資金管理団体の土地購入をめぐる事件で

検察審査会が「起訴相当」、つまり「起訴すべき」と判断を
下したことでした。

検察側は小沢幹事長を起訴するかどうかを
原則3ヶ月以内に判断しなければなりません。



専門家の間では、検察の中での証拠の見方、評価、判断を
市民目線、市民感覚による証拠の見方とか評価というのにギャップがあるとして

検察が自ら起訴することすることは少なくて
もう一度、不起訴処分にという可能性が大きいという見方が大半です。



検察がどう判断するかというよりも
選挙は市民目線で行われますから、選挙へのインパクトは避けられないですね。



そして、小沢幹事長は
廃止した道路建設を一つづつ、自分の権限で復活させて
おまけに、ゼネコンから金を貰ってるかもしれない…!?

さすが自民党出身の民主党幹事長。
やってることすべてが自民党体質で、自民党と何ら変わらない!?

おかげで、国会は機能しないし
民主党からも小沢幹事長の独裁制に対して表だって反対論が出てこない?

「国会で喋らないなら、法廷で喋ってください」ということかもしれません。

民主党に考えてほしいことは
政党政治を壊すようなことを続ければ
やがては、司法までも壊してしまうということ!

起訴相当の幹事長に、永住外国人の参政権、夫婦別姓?
訳の分からない子ども手当に高校の無償化
高速道路の料金体系などなど


日本をどうしたいんでしょうか?



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。