負けた時の対処の仕方

その重要性を説く言葉が洋の東西を問わず見られます。

中国の故事に由来する「捲土重来」
「負けた時はじっと耐え時を待つ。本当に力がある者ならいつかは再び盛り返す
時が訪れる」という意味です。

そして孫子の兵法で
「善く戦う者は先ず勝つべからざるを為し、以て敵の勝つべきを待つ」
まず負けない体制を整えた上で勝利する機会を待つと教えています。

また英語では「Good Loser」
「負けた時は愚痴や虚勢をはったり、責任転嫁するのでなく、
耐えて時代の流れを見る。そうして初めて再起は図れる」というものです。

未曾有の大敗によって野に下った自民党

民主党のやり方を批判する前に自民党自身を建て直さないと
相手の失敗を追及するだけでは国民は納得しないということを
わかっていないんでしょうか?

衆議院の予算委員会という場は、2010年度の予算を審議する大切な場なのに
予算の審議より鳩山−小沢氏の“政治と金”のばかりです。

自民党が攻めるのはこの問題しかないからなんでしょうね。

自民党は鳩山政権の予算案を批判するばかりで、景気をどう回復させるのか
対策案がないということです。


今の自民党は残って欲しくない人の方が多く残ってしまった印象が強いですね。

それも落選したにもかかわらず比例復活してまで
        しがみついている議員が多いということは

今の民主党よりも時代が必要としている政党を作ればいいんですが
残っている人を見る限りは絶望するしかないですね。

国会で質問している人の中でも残って欲しくない人たちが
今あるいろんな問題を作ってきた人たちなんですが

そういう人たちが「脱税王だ」なんていくら言ってもあまりピンとこないですね。

自民党を立ち直らせるためには、そういう人たちに引退していただくか
若い人たちを育成する側に回ってもらって

若い新生自民党にならないかぎり変わったと思われないでしょうね。

与謝野さんの質問にしても、
兄弟げんかを国会へ持ち込むみたいなことをしていては
新しい議論へと発展しませんから期待できないと思われるんでしょうね。

しかし、自民党議員の多くがこの問題になると、口をつぐんでいる事実を
不思議と思いませんか?

とくに歴代の首相たちが、沈黙を守っているのは不可思議のようですが
それは親族のお金だからです。

だからこそ相続税が発生しているんですが
永田町には同じような二世、三世の世襲議員たちが多くなってきました。
それならば、彼らは一体どうそれを処理したんでしょうか。

鳩山総理の問題をあまり追及しすぎると困る人が自民党内に「脱税王」が
大勢いるから自然消滅しそうですね。

批判ばかりを繰り返すだけで自民党の古株の人たちは
何故大敗したのかまったく分析できていないことの方がもんだいですね。

小泉政権の郵政という“風”で勝利し
今度は、民主党の政権交代という“風”で大敗した・・・・!?

風に頼り、風を待っているだけではダメなんです。
風は何故起るんでしょうか?

今の民主党と自民党を見ていると
暫くは日本には現在の二大政党制の時代はこないことだけは確信しましたね。

二大政党が機能しているアメリカやイギリスを見ていると
政権交代を起こせる野党というのは下野した時に徹底的に新しいビジョンを
練って国民に示します。

「これで我々は国を作っていくんだ」という方向性を示しますから
それが支持されれば政権交代が起るんです。

今の自民党にはそのエネルギーがまったく感じられないですね。
批判ばかりで議論に新鮮味が全くない。

日本をこう変えますというメッセージが全然伝わってこないですね。

自民党が今しないといけない反省と総括は
大敗した選挙において何故惨敗したのかと歴代の総理や執行部に
詰め寄らなければならないのにまったく行っていません。

また93年の細川内閣以来ずっと続いてきてようやく戦後の日本の自民党一党支配
が終わったということは、歴史的な役割を自民党はいったん終えたということです。
その総括も反省もまだできていません!

この2つの総括をきちっとやらないと
新しい時代がどういう時代になるのかというビジョンが出てこないんです。

ここが自民党の一番の弱みなんです。

敵失に乗じて攻めていけばいつか自分たちに政権が戻ってくると思っているところは
甘いというか国民をバカにしています。

新しい時代の新しい政党を作っていかないといけない。
自民党が生まれ変わる為には今の指導者全員引退しないと生まれ変われない。

自民も民主も旧態依然とした党を改革できないかぎり
     時代から葬り去られる政党となってしまうでしょう。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。