国民主導の政治は…!?

政権発足以来4ヵ月余りが経過しようとして
ようやく何をしようとしているのかが予算案で見えかけてきました。

公共投資を18%減らし子ども手当など含む福祉・教育を10%増やす
ということをターゲットにして動こうとしているんだなということが
見えてきました。

ところが国民の気持ちが前向きで明るくなって
いよいよ世の中が変ってきたかって盛り上がってきたかというと
率直に言ってそうではないですね。

何故かというと官僚主導から政治主導へと…!?

官僚が何でも仕切っていた国から
政治が主導していく時代を作ろうということに対して
多くの国民は拍手を送っていると思いますが・・・!?

官僚主導から政治主導へといっても、

政治主導=本当に国民主導なのか?

どうも国民主導というよりも民主党の政治家レベル・枠組みの中で
仕切りがなされたり、物事が決められていくということの限界に
少し慄きはじめているように思います。

陳情ラインもこのラインでしかやっちゃいけないみたいな…!?

世の中が変っていくときに、みんなが盛り上がって
ワッショイ・ワッショイと時代を変えていくような高揚感が起きない。

民主党の政治家・政務官を中心とする
幾人かの省庁を束ねている人たちのレベルを超えた
日本中のいろんな英知を終結して日本を変えていこうよって
流れを作っていくことを盛り上げていかないと、

もっともっと自由で新たな時代に向き合っていくことになっていない。


小沢幹事長だけを悪者にするわけではないですが
西松建設の偽装献金事件や「陸山会」土地疑惑、
「新生党と自由党」を解党したときの政治資金23憶円の行方などなど

お金に関する問題が多すぎるにもかかわらず
何一つ国民が納得いくような説明がなされていないことは
国民からすると不信感がドンドン大きくなるだけです。

「違法性はない」「正規の手続きに従って」というなら
事実を本人自らの言葉で説明することが一番!

国民にじてもらいたければ、 「信→人+言」だから
人に言う(説明)しないと小沢幹事長=民主党=政府と雪崩現象で
崩壊していくかもしれないですね。

ただ対抗勢力の自民党も離党議員が出たりでガタついてるから
政権を担う政党が他に存在しないから民主党政権はもっているのかも・・・!?

小沢さんは参議院選挙で勝つことが目的だとか
永住外国人(約91万人)に地方参政権(選挙権)を付与する法案を
通そうとしていたり・・・!

参政権与えて「母屋を牛耳られる」ことは阻止しないと!
このことに関しては友愛などではない!

自衛隊にしても国連が認めれば
憲法外でも戦闘地域に派遣してもかまわないだとか。

小沢さんは政治主導=国民主導になっていないことだけは確かですね。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。