日本式“育てる資本主義”

資本主義に限らず文明そのものは長い循環を繰り返してきました。

私たちは5年や10年レベルの普通の循環を頭に思い浮かべるわけですが
もう少し長い循環の波があるんだと思います。

1929年大恐慌時も覇権国として世界の中心となっている国が
産業で行き詰まると金融で稼ぎ出す。

当時はポンドと金本位制で今はドルです。
そしてそういう経済になった瞬間に今度はバブルを避けられなくなる。

今はお金でお金を買っているんです。
実体経済はドンドン悪くなっているのに株価は上がっている。

お金が儲けられる先を探して勝手に動いているようなものです。

一つ何百万もするロレックス社が倒産しても時計はパニックにならないですが
銀行が潰れるとなると・・・みんな危ないと思った瞬間に
いろんなところで動き出すんです。

私たちはバブルが当たり前となった不思議な時代に入ってしまい
こんなことをしていたんではもう経済が・・・社会がもたないと
気づいた年が2009年だったんでしょうね?

戦後の日本も一つの成功体験として
自民党一党支配と官僚主導のシステムで大成功をして

一時一人当たりGDPで世界一の金持ちになったくらいです。

そこから変わらないといけない時に変われなかったのが問題で
今日のような政権交代になりました。

結局のところ本当の豊かさとか人間の幸せって何なのかっていうところに
戻るような気がします。

20世紀・・・現代文明は金銭的、物質的に豊かになることが“豊かさ”であり
“幸福”であると信じていたわけです。

科学文明・・・技術が発達してドンドン利便性が増していくことが
“豊か”であり“幸福”であるという象徴がアメリカであると!

そのアメリカが過去にいろんな限界を超える時
全部バブルが弾けていっているわけです。

一部の資本家のせいで
資本主義が道徳的に邪悪なイメージを持たれがちですが

資本主義の原点を支えてきた人たちの情熱は
「勤勉・努力・工夫・自助努力」によって頑張って働いてお金を貯めて
子どもに引き継いでいくという健全なメカニズムが働いていたわけです。

日本の資本主義の原点に居た人たちはポジティブな育てる資本主義である
日本式経営を広めていきました。

育てる資本主義から売り抜く資本主義へ世界は変わってしまったことが
今日のような邪悪な資本主義のイメージになりましたが

私たちは育てる資本主義の価値を忘れてはいけないと思います。




ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
大島など小笠原諸島を選挙区とする東京都議補欠選挙。《1月15日告示・1月24日投開票》

今回の都議補欠選挙は、自民党と民主党の一騎打ちであり、参議院選挙の前哨戦として「外国人参政権
付与法案」を補欠選挙の争点にすることができれば、参議院選挙の帰趨を占う重要な戦いになります。

B 国内外の愛国有志の方々が1000名以上が、町村役場や議員並びに民宿などへ、
告知行動をとってもらえるなら、マスコミも無視できず、参議院選挙の争点に浮上させることが出来ます。

水間条項より。小笠原選挙区へメール活動お願い致します。

http://ariesgirl.exblog.jp/12647052/

↑町村役場や議員並びに民宿の電話・FAX番号記載。
Posted by june at 2010年01月12日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。