2010年鳩山政権が目指すものは?

日本が今おかれている状況は
借金地獄の中での福祉幻想のようなものです。

今回の予算においても突き詰めてみれば
公共投資を前年比18%減らして福祉関係の予算を10%増やしたということが

鳩山政権の輪郭として見えてきています。

ところが子ども手当はマニフェストに掲げたので仕方なしに踏み切りましたが
子供は社会で育てるんだと説明していますが

お金は国が負担すればいいという考えではなくて地域だとか親がどうやって
教育に参画するのかっていう参画に伴うさまざまな仕組みをフォローしていかないと

政策の体系がまったく説明されていません。
お金を国が負担するだけで子供が育つなんてことにならないです。

しかも、支給が続けられるだけの財源的体力がこの国にあるのかっていう
問題も含めて2010年には何らかの結論を出さないといけないでしょうね。

ただ約束したことだから子ども手当を支給しなきゃいけないっていうのが
今の段階で、これからどうなるのか・・・?

子ども手当の目的は、単にお金の支給なのか?  
子供の教育をきちんとしたいのか?

ならば、そのために何が必要なのかっていうことをもう一度考え直すのが
マニフェストなんじゃないかと思います。

高福祉・低負担というのはあり得ないです。

負担をどうするのかって“事業仕分け”などで一生懸命削ることはやってきた!
しかし、成長戦略の中でそれをどう軽減させていくのかという説明が
一切なされていません。

“綸言汗の如し”という中国の諺にあるように
宰相として一つ一つの言葉があまりにも軽口になって
逆に問題を複雑化させていることに気付いてもらいたいですね。

ただ明治以来、民意によってはじめて政権交代を実現させたという
歴史的瞬間に私たちは立ち会っています。

コンクリート(公共事業)が人へと福祉の予算を増加し公共事業を減らし、
まだ目標に達してないですが、とりあえず自民党政権よりは評価に
値するんじゃないでしょうか。

逆に財政赤字を全て民主党のせいにして報道するメディアの無能ぶり!

自公政権時代に“新自由主義”の政策で減税減税を続けて
増税なき財政再建をやってきたおかげで

景気が良くなっても税収が上がらない構造を小泉政権に至るまでに作ってしまった。

社会保障を根本から再建するには増税は避けられないところまできています。
(その前に天下り、渡りの仕組みや組織を徹底的に無くしてからですが)

増税するなら、そのためのプログラムを民主党は設定していない。
ビジョンを設定していない。ことに国民は苛立ちを感じているんだと思います。

国家戦略局も機能していないし、官僚組織も縦割りのままやっているから
自公政権のままの88兆円が出て、民主党の7兆円と合わせて95兆円になるという

ドタバタの中で出てきた予算編成だから
2010年こそ民主党自身本格的にビジョンを策定し直していかないといけない。

しっかりとした国家戦略局の創設と国家ビジョンと予算編成、方針を
2010年早期に明確にして多くの人が民主党政権は進んできていると
実感できるようにしてほしいですね。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。