改革を止めないで!

事業仕分けに関して、
自民党との大きな差は一般公開したというところです。

これには自民党議員の方々も
こんな発想は無かったと言っています。

一般公開のやり方は新しくユニークで
国民も得心すると思いますが

今後はどうするのかという戦略が明確でないし、
内閣の機密費の公開はしないというと公平でないと
追及されることは間違いないでしょうね。

自公政権も同じことをしてきたんですけどね。
民主党政権が同じことをすれば、それはおかしいと追及…!?


税収が大幅に減っているのに、やりたいことは逆に大幅に増えると
借金が増えるのは当然のことです。

それこそ頭のいい官僚の方たちがわからないはずはないと思います。

省庁という壁を取っ払って、目先の自分たちの利益や欲は忘れて
日本という国をどうしたら良くなるのかを真剣に考えて欲しいですね。

◆天下りがまず有きで、その為に事業財団を作って、最後に事業目的を作るという
  順序がまったく逆なものがたくさんあります。
  これは全部切って欲しいですね。
◆もう一つは、時代が変わってるのに何時までもダラダラと延長でやってる。
  惰性でやってるもの。
◆そして新しい時代に合わせようとして、言葉だけ新しくして需要が合わないもの。


そういうものは全て切ってほしいですね。

そして、根本にある基金とか公益法人とかが必要なのかどうか?

こんなものもすべて切ってしまうぐらいしないと
○兆円という削減額は出てこないでしょうね。

逆に事業仕分けの最大の矛盾点は法的拘束力が無いということです。

事業仕分けで決定されたことが最終的にナシということになるんでは
ヤル意味もなくなるわけですから、この改革は止めてほしくないですね。

今、色んな問題点やゴタゴタが生じることは新しいことをやる上では
必要なことだと思います。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。