民主党丸の船出!

民主党は、 “国家戦略局”という器を作るんですが
戦略がどういう社会を作るのかが明確じゃないから
個々の政策の各論に対してあがっている反対を防げないでいます。
(八ッ場ダムや高速の無料化など…)

自民党の構造改革は新しい成長産業を作り出すことに失敗しましたから
◆どうやって新しい産業や時代に合った日本が生きていく基を作っていくのか?
◆少子高齢化や雇用の流動化で時代に合わなくなった制度をいかに変えるか?


この2点で大きく制度を変えていくんだということを明確にすれば
全ての問題は、もう一度生理し直すことが出来るはずなんです。

CO2排出25%削減(1990年比)という目標は、
自民党案と比べれば大幅UPかもしれませんが、ドイツやイギリスと比べれば
はるかに低いです。

地球温暖化の実態は、雇用を作ったり産業転換をしていくってことなんです。

石炭から石油に移行するときも痛みを伴ったわけです。
(誰かが言った痛みとは次元が違いますが…!)

石炭産業は悲惨な目に合いましたが、エネルギー転換をしなければ
高度成長はなかったわけです。

我々は負担論で誤魔化していますが
負担より新しい時代の産業をどう作るかということの方が大切なんです。

 
日本の百何十年の民主主義の議会制の中で、初めての政権交代なんです。
しばらくの間はあらゆることが全部試行錯誤の状態が続くんでしょうね。

何をやろうとしても、物凄い反発と批判は出てきます。
少なくとも年内の新しい予算編成までは本当にやれるかどうか
見極めないといけなせん。

そのためには連立の枠組みを含めて民主党がマニフェストに掲げたことを
優先順位をきちっと決めてメリハリをつけて

この項目だけは必ず実行しますということを明確に示して欲しいですね。

二重権力構造という印象だけは絶対に与えてはいけません。






ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。