マイケルジャクソンの『アースソング』

『未来白書2009』のレポートで

世界同時不況と気候変動で今後10年間
失業、食糧、エネルギー…あらゆるところで
世界の人口の半分が政治的不安定なもとに晒されるだろうと
警告を発しています。

今年、政治が転換するとすれば
このメチャクチャな気候変動を背景にしてもう一度
環境とか農業とかの問題を正面から捉え、

世界各国が自らの体験に基づいて変わったことと
同じような問題として

我々は受け止めなければならないと思います。

『未来白書2008』のレポートです


マイケル・ジャクソンが1995年に発表したアース・ソングは
ショートフィルムにおいて、いかに地球が人間によって破壊されつつあるかを概説し、環境破壊、貧困問題について切実に訴えた。

密猟者、ボスニアの90年代の紛争、破壊された熱帯雨林(最後に写る森は撮影後破壊された森である)など、様々な題材を扱い話題を呼びました。 (ウィキペディアより)



アース・ソングのPVに出てくる映像は、
4大陸で撮影された人間によって破壊された場所です。

PVにでてくるゾウの死んでいる姿も
過去のドキュメンタリー・フィルムで使われていた本物です。
映像にあるアマゾンの密林も
撮影の1週間後には破壊される運命にあった森だそうです。

今はない森の、最後の姿です。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。