新型より怖い政治家や官僚の無駄使いウィルス!

CDCの発表によるとスペイン風邪の流行が始まった1918年以降、
世界で流行していたのはH1N1型。

そのため、1957年より前に生まれた人の一部には免疫があるらしいので
新型インフルエンザが若い人中心に感染しているらしい。

そして、今回の新型インフルエンザのルーツとして
1998年に豚インフルエンザの元になるウィルスがアメリカ ノースカロライナの
養豚場から出たとCDCが報告しています。

密集した所で何の規制もないまま生き抜いてきたウィルスですから
弱毒性といっても生命力は強いわけです。

現在のBSE(牛)、鳥インフルエンザ(鳥)、新型インフルエンザ(豚)は
人間の都合に合わせた“食の問題”や“地球環境の問題”が根底に
存在しているということは、大きな文明的な問題と言わざる得ないでしょうね。

これから南半球は冬に入って行くし北半球も夏以降、秋にかけて
今よりもっと大流行になるんじゃないかと言われています。

今のうちにいろんなことを準備していかないといけない段階なんだと思います。


また、経済的にも世界的な経済危機のまっただ中での感染拡大は
企業としての免疫力が低下している状況ですから

新型インフルエンザの影響などで
「流通と生産が止まる」と2兆円レベルで経済損失という試算が出されています。

関西だけでなく首都圏にも感染者出てきたとなると
多くの企業は、当面危機管理を強めていかないといけませんね。

新型インフルエンザの影響で国内初の企業倒産が報告されました。
関空、成田、大阪(伊丹)の3空港で玩具や雑貨などを販売する玩具店で
負債総額は、約2億9000万円。

また、修学旅行などの宿泊キャンセルが近畿地区で20日までに
延べ36万2200人に上り、被害額は43億円になるとの推計を発表。

商店街なんかもかなりの打撃みたいですね。

発症者も出てないし、街中でマスクをしている人をまったく見ないのに
薬局などでマスクだけは品切れ状態。

感染者がこれから増加していったらどうなるんでしょう。
自宅療養するにもマスクがなければ家族に感染していくでしょうし

政府は、こういう時に税金を使わないでいつ使うんでしょうね?
補正予算で国営の漫画喫茶なんか作ってる場合ですかといいたいです。

正式には「国立メディア芸術総合センター(仮)」と言うらしいんですが?
文化庁が進めているみたいですが、建物に関する予算だけで
117億円も税金を投入するんですよ。

目的が、
◆マンガ・アニメなどの展示
◆「メディア芸術祭」受賞作の展示
◆情報発行の拠点・・・・
これって今必要ですか?

それだけでなく政府は補正予算でドンドン箱物を建てるみたいですね。

経済不況にインフルエンザと国民はますます追い込まれていくのに
政治家や官僚は税金を無駄使いするだけでなく赤字国債を乱発してまで
無駄使いをしたいんですかね?

この件に関しては後日詳細をお知らせします。

今年の秋から冬にかけて日本は・・・世界はどうなっていくんでしょう?



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。