政治家としての「志」

世界が激しく動いている時に、日本では日増しに強まる反麻生の動き

このままでは選挙が戦えないとか、酩酊映像が世界に流れたりで
著しくイメージを損ねています。

政府の議論がお笑いグランプリの映像とほぼ同質になってきている感じがします。

「仏の顔も三度まで」という言葉がある通り
ここで四度目の顔が出てきて、自民党の論理で選挙の顔だからって
やられると堪ったもんじゃありませんね。

考えてみたら小泉選挙の後 3分の2の数を頼りにって
後期高齢者の医療費問題だとか年金の記載漏れにかかわる問題だとか
今回の郵政、かんぽの宿の問題・・・!

全部、官僚政治の歪みだとか、政治の驕り、歪みみたいなものが
ドッとシワ寄せにして出てきている感じがします。

こういう状況下で再び四度目の顔を
取り替えて選挙の顔にしようという方法論だけには、
もうつき合わされたくないですね。

寺島実郎 日本総研会長コメント参照


今の永田町での出来事は、麻生さんがどうだとか中川さんが、小泉さんがという
個人的な問題ではなく、

国家的な危機なんです。

中川元財務大臣の問題は「志」の低さとか世界観の無さというか
明治維新を成し遂げた 「志士」 と言われる人たちの覚悟からすると

本当に日本という国の危機なんです。

そのことを政治家や官僚たちはまったく理解していません。
客観性がまったく無い。自分たちがどんな存在なのか・・・?

どんな風にこれからの日本という国を動かしていくのかという
意志がまったく見えない。

選挙のためだけに生きているとしか思えないです。
日本の政治家はとうとう極まったのかもしれません。当然悪い意味ですが!!

極まった政治家たちの姿を見ていると
内紛を自民党の中でしている場合じゃない。

本当に戦うべきは国民のためであって、国民の生活を守ったり経済不況から脱出と
いうことなのに・・・!

そこにエネルギーが向かわないで違うことにエネルギーも税金も消費されている。
ここに自民党に政権担当能力がないと言われるところなんでしょうね。

退陣するとか解散するとかの気力もないというのが
今の自民党の体制なのかもしれません。

金融危機や経済危機がここまできているなかで
与謝野大臣一人で3ポストをやらせるというのは人的な問題ではなく
自民党の組織の問題としてあまりにもおかしなことです。


大蔵大臣一人ではまずいだろうと3つのポストに分けたのに

一人で3つのポストを兼任するのなら、
どうして分けないといけないのかということを含めて考え直さないといけない。

今の政治の動きを見ると国民は本当に情けない、
恥ずかしいという思いをしていると思います。

よくここまで政治の劣化現象がきたなという感じです。

支持率が20%を切ると赤信号なんです。
国民が不信任をしたのと同じ状況です。

首相を替えたいけど目前に予算がある。
政権与党としては予算だけはあげざる得ない。

そしてすぐG20が開催されます。
その前にゴタゴタしているわけにはいかないだろうと
自民党議員はすくんでしまっている状態です。


武部勤元幹事長は、
国会内で記者団に対し「党総裁選で麻生太郎総裁を選んだ責任があるから、
今この時点では麻生政権を支えなければならない。

だが、衆院解散・総選挙の場合には新たなリーダーを立てて、
こういう政権を目指すという政策を国民に約束することになる」と述べ、
衆院選前の麻生首相の退陣を改めて求めた・・・。みたいですが

選挙のために一国のリーダーの首を付け替えるなんて国は
世界中どこを探しても日本だけでしょうね。

親の金で(国民の税金)贅沢三昧する放蕩息子(政治家・官僚)だから
世界から信頼を得ないはずです。

金持ちの放蕩息子からはお金をドンドン出させるだけださせるというのが
世界の国々がおこなう日本への対応ですから・・・。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【G20】についてブログの検索結果をまとめると…
Excerpt: G20 についてブログの検索結果をまとめると…
Weblog: 最新キーワードチェック!
Tracked: 2009-02-28 14:18
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。