自然界から学ぶ

かつて高度成長を支えてきた日本型の終身雇用制度は過去の話になりました。
雇用だけではありません。この10年間で日本の姿は大きく変わってしまいました。

グットウィル・グループの折口雅博元会長は
「儲かるということは認められているってことですよ。」
「儲かる会社がいい会社なんだ。」


介護という社会的使命を担った仕事に対しても利益追求の標的にされる時代。


 「金儲けがそんなに悪いことですか?」
村上ファンドの村上世彰容前代表


「カネさえあればなんでも買える」
「人の心はお金で買える」
と言っていたライブドアの堀江貴文元社長


 今や見慣れてしまったシャッター商店街
大規模小売店の進出で小さな商店の営業は成り立たなくなったんです。

その背景にあるのは「政府の規制緩和策」

かつては私たちのお金を安全に運用してくれていた大銀行や郵便局までがハイリスク&ハイリターンを売り物に金融商品を売り出して投資をあおるようになりました。

そこにも国民のお金を貯蓄から投資へと促そうとする政府の狙いがありました。
 さらに小さな政府を目指す小泉改革によりさまざまな社会保障の予算が削減され、弱い立場にある人へシワ寄せが及びました。

競争社会・規制緩和・民営化・小さな政府・・・
日本の姿を一変させた動きの背後にあるものは「グローバリズム」

アメリカ的な価値観を下に世界を一つの色に染め上げようとする動きです。

これとよく似た現象が自然界でも起きていることにお気付きですか?
外国から来た強い外来生物によって日本に住んでいた在来種の生物が次々と淘汰され環境が破壊される現象があります。
 結局「強いものが勝つ」ということになって結果的には安定した中で日本的な固有種が一つの社会をこしらえていたものが別の秩序に置き換わるという・・・

金融資本と同じことです。


外からやってくる強い生物が本来住んでいた生物を淘汰し環境を作り変える事態は何を意味しているのでしょうか?

生物社会というものは多様な生き物が同じ場所でひしめき合ってるゆえに競争から共存・共生へと発展進化していくんです。

多様性とは非常に重要で、多様性を維持していけるような社会を作っていかないと実は進化や発展はないということで、自然界は我々に見せているということです。

一つの強いものが支配する世界には現界があり、様々な価値観が混在する多様性こそが生命には必要である。

今の世界に求められる日本的な智恵とは何なのでしょう?
一番重要なことは繋がりを意識するということです。

 日本の自然は美しいけれど厳しいんです。
美しい景観を持っているけれど災害などがありますからみんなで助け合わないといけない。

それが一つの集団的な里人の助け合いとか共同体の助け合いに繋がります。
人と人との繋がり。それさえも断ち切って強いものと弱いものとの間に深いミゾを生んでしまったグローバリズム。

今、世界はその歩みを一旦止めて自分の足元を見直す時に来ています。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ

【イベント情報】 FX勉強会・交流会

■ 日時:
1月25日(日) 13:15 〜 16:45

■ 場所:
大阪市中央区北浜東3-14 エル・おおさか(大阪府労働センター)6階 608号室
エル・おおさかMap

■ 内容:
投資に関心をお持ちの方であれば、どなたでもご参加いただけます。
個人投資家出会いの場とお考え下さい。

今回のテーマは、「エントリールール」です。
実際のチャートを見ながらストップ&リミットの条件を考えてみませんか?(提案がない場合事務局サイドより発表しますのでご安心下さい。)
自身のルールが定まってない方や、ルール改良を考えている方に最適です。フリーディスカッションもありますので、万障繰り合わせてご参集下さい。
遠方の方はオンラインでもご参加いただけます。

■参加費:
800円

■申し込み方法:
http://w2c.trgy.co.jp/inquiry/
お問い合わせフォームより申し込みください。(申込順定員制)


s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。