今年を振り返る・・・「日本の政局」


私たち日本国民の大半が「小泉改革」という政治のバブルに酔っていた。
そのツケが今ドォ〜ンと押し寄せてきています。

雇用はメチャクチャ。社会保障もメチャクチャ。
超低金利を続けてきたので円安で輸出だけで頑張ってきたことが
浮き彫りにされました。

金融立国ということも化けの皮が剥げてきて
膨大な財政赤字というツケだけを残してきたのが小泉改革です。

 郵政選挙って言われることで
たくさんの議席を得て次々と政権をたらい回しにしてきた。
そしてまた財政出動って、小泉改悪に逆戻りを許してはいけません。

今が国の指針を考え直すいい機会です。
まさにチェンジするために、民主主義社会に戻すために、定額給付金の
バラマキを止めて年金や社会保障、雇用を根本的に立て直す本当の
改革を実行する時にきています。

環境エネルギー革命や農業や福祉、医薬といったところで雇用や作業を
作りだそうという根本的な転換を考えていかないといけない。

消費税だけじゃなく、
所得配分的な課税や法人税の減税にしても
赤字の企業には効果が無いので、

環境税っていうやり方でエネルギー効率を高める政策という
新しい方針をみんなで考え直して再出発する年に
していかないといけないと思います。


 一年前の政局は・・・・!? 
福田総理と小沢代表の間で大連立が合意されていたのですが

一転して対立型になって、福田総理が政権を投げ出すということになりました。


安倍、福田二代続けて政権を投げ出して、その後の麻生総理は就任3ヶ月で
支持率が低迷している。

この状況から見えてくるのは、
自民党という政権政党がここまできているのかというぐらい
統治能力を失いつつあるということです。

このことが来年以降の政界再編を予感させることになっています。


日本の円がドルに対して2割5分・・・ ユーロに対してもこの一年で2割以上あがっています。
この交換価値をどう活かすのか・・・!?


また、あれだけ大変だった資源バブルが
マネーゲームが資源から離れたことで急降下し、
電機や自動車などの日本の輸出基幹産業にダメージは出ていますが

一方で電力会社をはじめとして好環境に向かいつつ企業もあるわけです。

今こそ日本の置かれている状況を考え直す転機だと捉える局面だと思います。




ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。