今年を振り返る・・・「日本経済」

一年前のトヨタは、「売上げ高から純利益まで全ての項目で過去最高を
記録することができました。」

「トヨタ自動車が引き続き成長を持続していることを御理解して
いただけると思います。」と

鈴木武専務が2007年10月〜12月の決算報告で過去最高の業績を発表した
トヨタ自動車でしたが

一年も経たない今年の12月22日(月)には渡辺捷昭社長が
「私どもを取り巻く環境は極めて厳しく当期は営業損失とならざるを得ない。」と
初の営業赤字に転落すると発表しました。


ソニーも今年の1月31日に
2007年10月〜12月の決算報告で売上高、当期純利益などが四半期として
過去最高を記録しましたと発表したのに・・・・?

一年経たない今年の12月9日には世界全体で正社員8000人を含む
1万6000人の削減を発表する事態となりました。

一年で天国から地獄へ突き落とされるカタチになった大企業の業績。

去年の今ごろを伝えた新聞には


景気の良い内容が紙面に踊っていました。


 
当時、福田内閣の額賀経済財務大臣は2007年12月7日の記者発表で
「基本的には景気回復の基調は変わっていない。」と・・・!

日経平均株価も 2007年12月28日には1万5307円78銭の値をつけていたのに

 今年に入ると10月28日には6994円90銭に
今でも8000円台に


昨年の年末の新聞には、企業熱い学生争奪戦・・・という記事が
「売り手市場続き・・・あの手、この手」
「高級ホテルで説明会など・・・」
今にして思えば信じられない見出しで、企業が学生を奪い合ってる記事も出ていました。

しかし今年は一変、新卒学生の内定取り消しが
全国で769人 取り消した企業172社と大きな社会問題になっています。
(12月26日 厚労省調べ)


今年のはじめには生活用品や食料品の大半が値上がりしたり、
ガソリン価格も一時 1リッターあたり200円を超える勢いが今では100円割れに


わずか一年で大きく落ち込んでしまった日本経済

急速に進む景気の冷え込みは消費の現場にも暗い影を落としています。
全国の企業倒産   前年同月比14.6%増 ↑
マンション販売件数 前年同月比14.9%減 ↓

来年以降も更なる悪化が懸念される日本の景気

福田内閣の財政再建から財政出動へ小泉改革当時へ逆戻りした麻生内閣
予算規模は過去最高の、88兆5500億円

しかし税収の落ち込みが激しく不足分は赤字国債の発行で補うと・・・?
今のままでは来年も希望の灯はみえないかもしれませんね。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。