金融パンデミックに備えよ!?

100年に一度の経済危機はブッシュ大統領とネオコンによる軍需政策の失敗が
世界中を混沌へ誘ったと言っても過言ではないと思います。

9・11の悲劇を乗り越えて“悪の枢軸”と決め付けて
イラクへ乗り込んでいったプロセスを見てみると

ブッシュ政権がイラク戦争開始前にフセイン打倒の大義名分とした
「大量破壊兵器の差し迫った脅威」ということにも
アメリカの国策を色濃く反映させて
アメリカだけが世界の盟主だという考え方で

自由な国のはずのアメリカが
他国においては多様性を否定してしまった。

多様な宗教。多様な民族。多様な幸福を全部否定してアメリカの価値観を押し付けて、
結果としては11億数千万人に及ぶイスラム教徒の全てを敵にまわしてしまった。

一番の悲劇はイラクの子供や老人、女性などの国民に
放射能汚染による奇形児の誕生やガンの増加や不発弾での被害など
混乱だけを残してしまった。


これから半世紀近く・・・
この悪夢の影が残るということを考えると悲劇としか言いようがありません。

日本もイラク戦争では後方支援ということで
サマワでの陸上と航空自衛隊の給油活動をしてきたと報道されています・・・・が

給油・給水活動だけと思ったら大きな間違いです。


バグダットとクウェートの間を800回ぐらい行き来して
兵員として5万人ぐらいを武装して派遣していますから
事実上は戦争に参戦していることになります。

イラクから自衛隊が撤収したことを期に改めて
憲法9条の基、総括が必要だと思います。


2009年1月オバマ大統領が就任します。そして、アフガニスタンへの増員を公約しています
日本では民主党の小沢党首がISAFに参加を表明しています。

※ISAF : International Security Assistance Force(国際治安支援部隊 )

金融危機の発信源であるアメリカがまず戦争をやめない限り
100年に一度の金融危機は終息しないでしょう。

今こそ、世界が団結して金融システムの再編に取り組む時です。
殺戮兵器にお金をかけている場合じゃないです。

原爆を経験し、バブルを経験した日本の荷う役割はこれから大きいと思います。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ




s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。