EUの政治統合を隠れ蓑にした謀略

円相場は一時、13年ぶりに1ドル=87円15銭前後まで円高が進みましたね。
全てはEUがアメリカに仕掛けた謀略。

仕掛ける側だったアメリカが、今は欧州系金融財閥に
面白いようにやられています。

アメリカは過去に自分たちがやったことと同じことをやられているのです。

1985年9月22日、ニューョ−クのプラザ・ホテルで、
日本は金利を引き下げることにより、ドルの為替相場を支えることに同意した。
いわゆる「プラザ合意」である。

これは世界経済安定のために、先進諸国が協調して相場に介入した事例として
語られているが、それは表向きのことにすぎないという。

当時大蔵大臣だった竹下登以下日本の高官は、日銀を含む日本の投資家に
アメリカの貿易赤字の資金援助を行なうよう働きかけることにより、
日本経済を歪めることに合意したのである。

具体的に言えば、日本が輪出で稼いだドルを米財務省証券(米国債)に投資させたのだ。

日本人は余剰ドル(日本の貿易黒字)を円に換えて
日本国内(および海外の新しい生産設備)に投資するのではなく、
そのドルをアメリカへ融資するよう求められたのである。

アメリ力の狙いは、これによって「ドルの還流」を刺激することであった。


当時は健全であった日本経済は、不健全なアメリカ経済への資金援助のために、
自国の経済均衡を犠牲にするよう求められた。

インフレを誘発するアメリカ経済が均衡を保てるよう、
日本の通貨制度を不安疋にしてアメリカと釣り合わせることを要求されたのである。

このプラザ合意では、
「釣り合い」と「均衡」を回復するためにという大義名分が掲げられたが、
それは不健全な経済を健全にするのではなく、

健全な経済を同じように不健全で不均衡で
インフレ過剰のものにすることによって維持されたのである。

これを実現可能にしたのが日本であり、その結果、日本は深い痛手を負った。

※日本の政治家がアメリカを助けるため日本を苦境に追い込んだ。

当時のアメリカはレーガノミクスによって、
巨額の財政支出にもかかわらず富裕者の税金は削減され、
貿易赤字と財政赤字が増加するにもかかわらず、金融緩和策がとられ
金利は下げられていた。

この後に統いた通貨供給量の増加と産業の空洞化はさまざまな問題を引き起こしたが、
その治療をするよう求められたのはアメリカ国民ではなく、日本だった。

日本はブラザ合意でアメリ力の抱える双子の赤字に資金援助を行なうことに
応諾したのである。
この治療こそ、バブル経済で知られる状況である。

そして、バブルとその崩壊のせいで15年が失われ、
次にアメリカはハゲタカとなって別の手段(M&A)で日本を襲いだしました。

雅無乱日記:「日本の「バブル経済」はアメリカによって仕掛けられた壮大な罠だった」より引用


そしてバブル崩壊の影の行動部門として株価を大暴落させたのが
アメリカ系の金融財閥でした。
実践部隊は、ソロモンブラザーズ。


今回のアメリカ発の金融危機は、日本がアメリカから仕掛けられた経済戦争を
今度はアメリカがEUから同じように世界の覇権をかけた戦争をしかけられたのが
サブプライムローン問題の真相です。

現在問題とされている
米連邦議会がゼネラル・モータース(GM)救済をめぐり紛糾していることや
さらに、連邦準備制度が89兆円相当の貸付を行っていたことが露見し大問題となっていること

こうした報道を通じ、米国内で徐々に醸成されているアンチ公的救済論を煽ることで
2009年1/20に向けて米国内やマーケットに揺さぶりをかけようとしているのです。

さらに、11/23に発表された米政府のシティグループ救済案。
これに対し、欧州委員会が猛反発というのも、表向きの理由こそ「競争政策」を
盾にとったものですが、その「真意」も全てがEU諸国の戦略です。



経済だけでなく、すでにアメリカ国内は欧州の金融財閥に支配されています。

◆アメリカの弁護士の70%はユダヤ系です。
(アメリカは訴訟天国=弁護士天国なんです。)
◆アメリカの主要大学の医学部の大半はユダヤ系が支配しています。
◆ハリウッドの映画界の支配もユダヤ系です。


サブプライムローンに始まったアメリカ発の金融危機は
全てがEU政治統合のための謀略なのかもしれません。

そうなると、アメリカ系金融財閥の保有する世界のトップ企業が
軒並み闇の世界に葬られていくのは時間の問題なのかもしれません。
(ビック3、シティグループなど)

EU 対 米の覇権を賭けた戦い。
2009年EU27カ国が1つの国として動き出したときに
世界の政治・経済・秩序そのものが大きく変動するのかもしれませんね。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。