80年前の逆回し

リーマンは、ゴールドマンサックス、ロックフェラー、ロスチャイルドなどと並び、
1910年代にニューヨーク連銀を設立した際に、名を連ねている。

「連銀所有者」の一員であるリーマンは、
米中枢を動かす黒幕資本家集団の一角をなしている。

今春、リーマン破綻説が流れ始めたとき
「ベアスタは新参者だから、危機になったら買収されてなくなったが、
リーマンは連銀所有者なのだから、潰されず救済される」との見方が、
伝統的な謀略論に基づく米の分析者の間で強かった。

しかし今起きていることは逆に、
ベアスタは買収されたが、リーマンは買収すらされずに潰されるという結末である。

リーマンの破綻は、米中枢で根本的な構造変革が起きていることを示唆している。

もはや、ゴールドマンサックスまでが潰れても不思議ではなくなった。

つづきは、田中 宇の国際ニュース解説 リーマンの破綻、米金融の崩壊 
http://tanakanews.com/080915Lehman.htm



米リーマン・ブラザーズの経営破たんの影響はこれからが本番です。

日本は、1998年、大手銀行21行に対し、1.8兆円規模の公的資金を投入したが、


アメリカは自己責任の名の下に、公的資金の投入はしないとポールソン発言でしたが
世界に及ぼす影響は大きいでしょうね。

今回のリーマン・ブラザースの破綻は、
私たちにとっても対岸の火事ではありません。

主要銀行だけでなく日本の金融機関は、
このようなハイリスクな投資をしているのです。

その投資額は、世界全体で、6200兆円とも言われていますが、
複雑に証券化され実態を把握することができないのが現状です。

このような危険な債権が今もなお世界中を駆け巡っていますから
これから次々と連鎖的に破裂していくことは避けられないですね。

日本の金融機関は、バブルの崩壊とともに、連鎖的破綻の危機を
国民の税金を投入する事で、倒産の危機を免れた経緯があります。

生き残った金融機関がとった措置が、預金者を無視したゼロ金利政策です。

税金投入とゼロ金利政策で、立ち直った銀行や金融機関は、
預金者に金利を支払わないかわりに、公的資金や預金者の資金を
このような危険な賭けに投資していたのです。

金融機関は、その一方で、借り入れに訪れる中小企業への貸し渋りを平気で行い
金融機関としての使命を果たそうとしなかった結果、地域経済の衰退を招き、
一般消費を落ち込ませる事になり、日本経済全体の衰退を招いた張本人です。

公的資金を投入してもらって救われたにもかかわらず、金融機関はまた懲りもせず、
世界のバブルという危険な賭博場へと足を踏み入れてしまいました。

日本の金融機関はアメリカ経済のことよりも、
自社の建て直しを真剣に考えないと・・・

また、その付を国民に廻すつもりでいるんでしょうか?


世界的金融不安の中、相変わらず、「あなたと違うんです首相」は、
金融不安が拡大していることについて、「影響はそれほど大きくない」と冷静な対応をと・・・?

福田首相は「金融機関に対する影響、これは、それほど大きいことではありません。
むしろ、小さい方だと思いますね。ですから、
落ち着いた行動をするということが求められていると思います」と述べています。

今後、国際金融市場の状況が一段と悪化し、
信用不安の高まりから金融機関が資金を抱え込む姿勢を鮮明にしている状況で

為替の変動等で資金調達が必要な企業の経営危機や
貸し渋りが激しくなることで中小企業も経営が圧迫されることが予想されるのに


相変わらず他人事発言の首相・・・
一方、太田誠一農水相、麻生太郎幹事長と問題発言連発議員。
やっぱり、自民党にはこの国は任せられないですね。


AIGグループ日本支社では、
アリコやAIGスター生命保険、AIGエジソン生命保険の生保3社、
AIU保険会社、アメリカンホーム保険会社の損保2社がある。
外資では、最大級の規模です。

そのAIGもサブプライムローン問題で資金繰りが悪化。
再建策を15日に報告すると言っていましたが、
再建策を打ち出せず株価を6割も下落させました。



そして信用格付けが引き下げられたため、ひどい現金危機に直面していました。
これは保険金の支払能力を疑問視された結果です。

AIGの資金繰りを救うためにNY連邦準備銀行では緊急協議も開かれました。
政府はゴールドマン・サックスやJPモルガンなどに緊急融資を要請し、
支払い義務を果たすためにAIGに、145億ドルを調達する必要に迫られました。

17日にはAIGの存続の有無が決定するかもしれませんね。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
はじめまして。。。。
いろんな人のブログを見ていました。
参考にしたいと思います。
私のブログも見てください。

興味がなければ、すいません。スルーしてください。




Posted by ただ at 2008年09月17日 22:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。