日本の未来

日本は財政だけでなく、
すべてにおいておかしくなっているのではないかと・・・!?

日本がひどい国になってしまったことは、政治家や官僚を見てもわかります。

退任の最後の言葉が、一人の若い記者相手に
「私は客観的にものをみることができるんです。あなたとは違うんです。」って
キレる首相がどこにいるでしょうか?

後任の方々は、民主党の小沢代表と戦える・・・。選挙に勝てるってことばっかり
日本をどのように立て直すのかという考えで立候補した候補者は一人もいません。

なのに、自民党の支持率が上がるなんて・・・。
日本の国民の平和ボケ度もかなりなものです。

残念ながらこの国には国家戦略がありません。
いろんなものが値上がりしていますが、日本には資源がほとんどないから、
私たちのお金や富がドンドン外国に移転しているということです。

今、廃案が検討されている後期高齢者医療制度も医療崩壊を起こすひどい制度です。
75歳以上で慢性疾患を持つ患者は、一ヶ月に何回病院に行っても、
病院に支払われる診療報酬は6000円と決められています。

入院も3ヶ月経つと「出てくれ」と追い出されます。
膨れ上がった医療費を削減するために、入院3ヶ月を越えると
大幅に医療費を減額する仕組みを国が決定したからです。
当然、病院の経営は苦しくなります。

その結果、どうなるかというと慢性疾患をもつ高齢者は間違いなく敬遠されます。
年齢で医療に差別をする制度は世界で日本だけです。

日本の医療制度が崩壊を向かえているときに、
鳥インフルエンザが襲ってきたら・・・。

医療制度だけでなく、日本の崩壊になりかねません。
インドネシアでは133人が感染し、108人が死亡しています。
(WHO発表 2008年5月28日現在)


私たちは、この世の中のほとんどのことが、実はよくわかっていません。
このままでは、日本は5年以内に食糧危機が来ると予想している専門家もいます。

人間というのは食べている間は文句をいいませんが、
満足に食べれなくなったら世界中で不満が一気に広がることでしょう。

人類は水、食糧、エネルギーなどの資源をめぐり、幾多の争いを繰り広げてきました。
そして21世紀は、確実にこれらの資源が不足します。
世界中で大きな戦争が勃発してもおかしくありません。

日本も今のところは強い経済力をもって食糧の輸入ができていますが、
今後もそうとは限りません。

もし、食糧が輸入できなくなったら、日本はどう対処するんでしょう。
日本の食糧自給率は四割にも満たないのです。

食糧をめぐって暴動や戦争になった時に、日本人は生き抜けるのでしょうか?
日本のテレビは、ゴールデンタイムにバカなお笑い番組ばかりで、
日本の民度が知れます。

戦争を知らない世代が増え、しかもまったく苦労というものを知らず
何をやるにもゲーム感覚の今の子供たちを見ていると
非常に心もとない気がします。

参照:「富者か、貧者か」浅井 隆 著



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。