地球を救えるか−洞爺湖サミット

<世界でいま何が起きているのか>−日本のメディアが伝えない真実

地球温暖化の影響で異常気象が世界中を襲っています。
世界のリーダーの方々には本気の波動で話し合いをして欲しいと願いを
込めましたが・・・

マスコミの方々にも世界で起きている真実を正確に伝えて頂きたいと思います。

ダイアモンド社のサイト(Diamond online)に、衝撃的な情報が掲載されました。

内容は今年の6月1日から中国がリン鉱石の輸出に100%の関税をかけるようになり、
そのため今後日本での科学肥料の製造が不可能になり、
いずれスーパーから国産野菜が消えるという近未来予測記事です。

詳しくは「店頭から国産野菜が消える?」

日本人の生存に関わる問題なのに日本政府はこの件に関し
一切の対応をとっていませんし、新聞・テレビ等の大手メディアも
この事実を伝えていません。

米が消え、野菜までも店頭から消えるとなると、
日本人はこれからどうやって生きてゆけばよいのでしょうか。

いよいよ生存すらも危うい状況が始まります。
これからは、もう誰にも頼ることの出来ない時代となります。
 
ところで世界中が原油や食糧の高騰で大騒ぎになっている間にも、
地球上でいま気候変動を中心としたアースチェンジが急速に進行しています。


この一ヶ月間の世界で世界中のメディアで報道された出来事をまとめてみました。
まず米国のアースチェンジに関するニュースから。

(米国)
◆2008年06月10日 09:56米国東部時間
NY37度、熱波弱まらず 中西部の洪水、死者10人にを参照

◆2008年06月11日 10:14米国東部時間
6月に吹雪、遭難で死者も 米北西部、東部は高温続を参照

◆インディアナ州、アイオワ州、ウィスコンシン州の上で嵐が停滞。
◆巨大なトルネードがコロラド州北部で発生。
◆25もの竜巻が、オクラホマ州、アーカンソー州、カンザス東部を直撃。
 今年は既に約100人がトルネードによって死亡している。
 2008年は歴史上最悪のトルネード発生率となっている。
◆インディアナ州では、今も洪水の影響が残っている。
◆ワシントン州で季節外れの降雪。
◆ウィスコンシン州では29ものの地域が緊急援助を求めている。
 90本の道路とハイウェイは洪水で閉鎖、数箇所のダムや湖があふれ、
 湖には水がなくなった、30の地域から住民数千人が避難。
◆アイオワ州のいくつかの川は記録的な水位で激しい洪水が集中した
◆ミシガン州では洪水で車両が水没。2人が溺死。
◆アイオワ州では洪水のため3分の1の99の自治体で非常事態を宣言。
 2万世帯が避難のために無人 となり、夜間外出禁止令が発令された。
◆中西部の豪雨で1100万人が被災。ミシシッピ川27カ所で決壊の恐れ。
◆オマハ(ネブラスカ州)で竜巻、送電線が倒れ何十万もの住宅と工場は停電。
◆シカゴ(イリノイ州)では、強風の片づけ続が続いている。
 直後に竜巻が直撃。豪雨で洪水発生。
◆ミネソタ州南東部で更なる降雨で洪水発生。避難警告が発令。
◆東海岸のコネティカット、ニューヨーク、ニュージャージー、ヴァージニア、
 ノースカロライナ、ワシントンDCは熱波襲来。米国気象課は熱警告発令
◆ノースカロライナ州は6日連続の熱波。ペンシルバニアも熱波襲来。
◆フロリダ州では自然乾燥で野火が500ヶ所で発生。
◆カリフォルニアでは異常渇水で、知事が干ばつを宣言。

(その他・世界各地)

◆2008年6月9日
ランタオ島、大雨により水電中断=香港【大紀元日本6月9日】
香港ランタオ島(大嶼山)のタイオウ(大澳)で大雨による浸水
通信、水道及び交通が中断孤島”となってしまった。


◆2008年6月11日
中国南部で暴雨続く
【大紀元日本6月11日】6月8日から9日、中国南方の安徽省、浙江省、江西省、
湖南省、広西チワン族自治区などが連日暴雨に見舞われた。

◆2008年6月11日
インド雨期 大雨による交通麻痺
【大紀元日本6月11日】
インド最大の経済都市ムンバイではインドが雨季に入って数日後交通が麻痺老朽化した家屋が倒壊し少なくとも5人が死亡しているという。

◆カナダ・トロント=気温40度、トロントとオンタリオで竜巻被害。
◆メキシコ=豪雨と高波でアカプルコの太平洋岸の観光地で洪水、
 5000世帯に影響。
◆メキシコ=中央部、南部で洪水。
◆南米チリ=集中豪雨で鉱山操業停止。
◆インド=ムンバイの豪雨 感電死も含め5人死亡、道は水没、木をなぎ倒し、
 オフィスにも浸水。
◆ニュージーランド=2年間続く干ばつで電力危機に直面。
◆スペイン=大かんばつが進行中。
◆南アフリカ=中央部では干ばつが4年間続き、農場や牧場が荒廃。
◆アフリカ・ザンビア=深刻な洪水被害が発生。
 半年間の降雨量が、わずか10日間で降った。
◆中国=南部の洪水で死者169人に増加。住民3850万人が被災。
◆香港=暴風雨で500ヶ所以上が浸水

米国オハイオ州で発生した洪水は、大豆、とうもろこしの一大生産地を直撃し
栽培地の2割が被害を受けました。(バイオ燃料への天罰?)

また原油価格の上昇は、ビニールハウス栽培を専業とする
農家に大きな打撃を与えています。
石油を原料とするビニールの価格上昇、重油価格の上昇が生産農家を直撃しています。

日本の農業従事者の平均年齢が高いところから、
石油高、肥料高が続けばこれ以上やっていけない。
先の見通しが立たないという理由で、廃業が続出する可能性があります。

漁業の面でも現在のような石油高が続けば、
漁業関係者の間で廃業を余儀なくされ、
市場から約4割の魚が消えると報道されています。

四川の地震、米国の洪水さらにはオーストラリアの干ばつなど、
いずれも地球上の一大食料生産地帯で甚大な被害が広がりつつあります。
国内でも岩手・宮城の地震で、今年の収穫が絶望しされる地域が出てきています。

いよいよ、食糧確保が困難な時代が始まったようです。


米国の専門家予想では、今年発生するハリケーンは巨大化する可能性が
あると予測されています。

そのため日本を今年直撃する台風も、
巨大化する可能性が極めて高いものと思われます。

このような洪水が多発する傾向は、
今年から来年にかけて一層強まるものと予測しています。

だからこそ、今回のサミットでは各国の利害を度返ししてでも
本気の波動で話し合いをし、各国が一体化した活動を願うばかりです。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ




この記事へのコメント
はじめまして。
映像制作会社の株式会社アーツテック代表の酒井靖之と申します。
今回、『メディア』についての記事を書いたので、
勝手ではありますが、コメント、トラックバックさせていただきます。

よろしければ、覗いてみて下さい。
Posted by 酒井靖之 at 2008年07月08日 19:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。