上海万博の意義

史上最大規模の上海万博が開幕しましたね。



上海万博で21世紀 環境技術、情報技術によって
新たな産業革命が起きるんだということを感じさせてくれる予感がしますね。

世界各国のテクノロジーやイノベーションが同時に見て、感じられるのは
いいチャンスではないでしょうか!

今、この瞬間に上海万博があるという意味を
もっと考えてみる必要もあると思います。

100年に一度の経済危機の中、欧米が全然ダメな状況で
中国が世界中を吸いつくすような位置で、上海万博が開催されたので
世界中が異常に注目をしています。

世界中で金融緩和をして、マネーは余っているけれど
そのマネーはブラジルとかインドとかにもいっていますが

大半は中国に吸われるように集まっていて、バブルのようになっています。

日本の建設会社やアメリカのキャタピラー社も
中国国内の建設事業で売り上げの大半を稼ぐようになっています。

日本の電機、電子部品会社も同じ状況です。

今や中国市場抜きでは、現在の苦しい状況を乗り切れないという関係の中で
開催されている上海万博なんです。

しかし、バブルであることは確かです。
救いは、中国政府当局もバブルだと自己認識を持っているということです。


現状では、中国の底知れないエネルギーを感じることも事実です。

北京オリンピックから始まって、去年は建国60周年
今年は万博と3年連続で一気に国威発揚と先進国の仲間入りという
意欲をもの凄い勢いで見せつけている感じがします。



これほど世界が注目した万博もなかったと思いますが
そこには、中国への期待と不安が入り交ざっているようにも感じられます。

期待というのは
この万博を跳躍台に、21世紀の世界の経済の牽引役になるということ

アジアの成長センターとしての主役を演じる中国への期待は
もの凄く大きいんです。

日本としてもそこに賭けるところもあるぐらいです。


一方、不安というのは
これがバブルで弾けたりでもしたら、リーマンショックの比ではないくらいの
闇が襲ってきて、世界を飲み込んでしまうということです。

世界は、そういう怖れや不安もどこかで抱いいると思います。

とにかく中国には、潜在的成長の可能性が高いので
今の状況をうまくコントロールしてもらわないと困ったことになりそうです。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。