青海大地震は正確に予測されていた!

中国では
北京五輪の年(2008年8月)に、四川大地震が発生(2008年5月)。
上海万博の年(2010年5月)に、青海大地震が発生(2010年4月)

青海省と四川省はとなり同士の町です。

地震が発生した前日の13日
余氏は、国家地震局に、「4月14日から17日の間、北緯32度07分〜33度07分
東経95度08分〜96度08分の間で、つまり青海省玉樹付近で、震度5・0〜5・5の
地震が発生する」と報告、時間、場所ともに正確に予測していました。

中国地震諮問委員会の沈宗丕委員など3人は
昨年11月に、中国西部または西南部で2010年4月13日の1、2週間前後に
M7・5〜8・5の大地震が発生すると予測していました。

12月31日、沈氏などが同予測を当局に報告、当局に
「予測範囲をもっと正確に設定するための測定措置をとってほしい」と要求したのに

他の専門家は4月に中国大陸で大地震が発生する可能性は低いと見て
それ以上の議論をしませんでした。

失望した沈委員らは4月10日、予測報告を自身のブログに掲載したところ
現在、沈氏の同ブログはすでにアクセス不能になっています。
(たぶん当局によるものとされます。)

3月9日、中国国家地震局はそれらの予測報告を重視せず
「近々中国大陸で壊滅的な大地震が発生することはない」と報道しました。

その1カ月後の4月14日、中国青海省でM7・1の大地震が発生!

大紀元日本 ↓
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/04/html/d81233.html

中国大陸は活動の活発期に入っており
近いうちにまた中国大陸内で同規模の大地震が起こる可能性があると…!?

今回の地震は、インド大陸がヨーロッパと中国を乗せていた大陸に
衝突しておこった直下型の地震といわれて

日本でも1年に一回は起こっていると専門家は発表しています。

岩手内陸地震から2年が経ったので
青海大地震のような規模が日本でも、いつ起こるかわからない状況ですから
備えておかないといけないでしょうね。


今年は、ハイチ、チリに始まって、今度のアイスランドや青海省をみていると
何か不気味な感じがします。

地球に異変が起きているのかと感じざるを得ないですね。

こう立て続けに大災害が起きると、ハイチやチリが忘れ去られてしまって
今、どうなってるかの報道もありません。

22万人以上の死者を出したハイチ大地震
まだハイチは、瓦礫の山のままで、何の修復も進んでいません。

3年間で9200億円の支援が決定し、日本の自衛隊も復興支援活動を
行っていますが、まだ何年もかかると見られています。

チリもまだ多くの人が瓦礫の中で生活しています。
復興の遅れから政府への抗議活動が起きているほどです。

チリ大地震のツメ痕は日本にもまだ残っています。
津波の被害を受けた三陸海岸

海の中では、ロープに吊るされた養殖カキやホタテなどが、絡まったままで
養殖業者は厳しい状況にさらされています。

今も残るハイチとチリの大地震のツメ痕。復興への長い道のりが続いています。

青海省の玉樹県で起きた大地震による死者は、これまでに2064人に上っています。中国政府は、地震の発生からまる1週間たった21日を追悼の日と定めました。

首都の北京でも、天安門広場や官庁などで半旗が掲げられているほか
映画の上映や音楽の公演など、一切の娯楽活動が政府の指示で
中止されています。


追悼の日の一日前の20日、上海万博で入場リハーサルが行われ
来場目標の半数である20万人のコントロールも出来なかったみたいですね。

5月1日の開幕のはずが、未だ75%のパビリオンが未完成。
テーマソングが、岡本真夜さんのパクリ
マスコットも、アメリカの、ガンビーそっくり
中国館も、安藤忠雄氏が設計した愛媛県西条市の光明寺の図案とそっくり…


これで国民に、 「列に並びなさいと言っても無理でしょうね。

上海万博リハーサルで大混乱




ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。