日本・・・世界が安心するためには!

去年 秋の金融危機と並び株価暴落の可能性まで言われる中
11月27日 平均株価は9081円52銭と約4ヶ月ぶりの安値となりましたが

4日の東京株式市場は、外国為替市場で円安が進んでいることを
好感した買いが先行し、

日経平均株価(225種)が一時、10月30日以来、約1か月ぶりに1万円を
回復しましたね。


二番底の不安はいよいよ現実味をおびてきました。


歯止めの利かない円高は一時1ドル84円台という超円高水準に突入
輸出への悪影響は避けられません!!

不景気は大学生の就職活動にも影響し、就職内定率は62.5%
3分の2の学生しか内定をもらえない状況。

デフレ・円高・株安

民間企業のサラリーマンに行ったアンケートでは

“今後1年間に失業の不安を感じる” 28.3%(過去最高)
“賃金収入が「1年前と比べて減った」” 45.5%(過去最高)
“世帯全体の消費が「減った」” 29.8%(過去最高)

今迄の経済は「成長とインフレ」
全ての問題を解決してくれた時代だったと思います。

もう右肩上がりを前提に考えることは止めないといけないかもしれませんね。

リーマン・ショック後の師走より、今年の師走はさらに悪くなっている感じがします。

10月だけで自殺者が2762人に!!
自殺防止の相談電話も殺到している状況です。

日テレNEWS24 ↓



政府が今していることは
「子ども手当て」とか「高速道路の無料化」などといったお金を配ることです。

しかし
私たちが欲しいのは将来に対して不安を無くしてもらいたいということです。

あんまり中央銀行ばかりに頼っても金融は十分緩和されていますから
年末に向けて雇用の不安解消。働けるという安心を与えることが急務です。

でないとデフレ・円高・株安というトリプルパンチに直撃されているので

単なる二番底じゃなくて

日本発の恐慌の引き金を引いてもらっては困るよという懸念もある一方で

円が頼りだとリスク・ヘッジすると円高になるという
非常に矛盾した中にいます。

21世紀の成長戦略はアジアですから
アジアの国々ではまだまだインフラ整備が遅れていて
日本の技術や資金を求めています。

ここにどれだけ特化していけるのかということと!
政府・日銀が日本は何処へ向いて行きますよとはっきりとしたビジョンを
打ち出すことが

日本だけでなく、世界をも安心させられると思います。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。