いよいよ鳩山新内閣発足ですね。

しかし、まだまだ民主党圧勝の影に戸惑いの声もあります。
民主党は“政策軸”の説明をしっかりとしなければなりません。

選挙だからマニフェストには票に関連するものはある程度当然なんです。

例えば、“子育て手当て”など…
しかし、踏み込んでいけば日本という国を北欧型の福祉社会にして
子供は社会の子供としてみんなで育てていくんだという覚悟を決めて
向き合わないといけないということなんです。

子育て手当てというお金がもらえて喜んでいるだけでは
子育てだけでなく日本の荒廃につながりかねません。

“高速道路の無料化”も相です。
日本の交通形態をこうしていくんだという
政策思想の軸を示していかないといけない。

ここをやらないとポピュリズムに流れて自縄自縛になっていく
可能性があります。


脱官僚とか政治主導なんてことじゃなくて
あくまでも国民のための政治に切り替えていくことが望まれています。

そのことからすると、自民党そのものが機能しなくなっていたと思います。
自由でもなければ、民主的でもなく、派閥と官僚の癒着に
NOが突きつけられました。

93年から94年にかけて東西冷戦は壊れバブルがはじけ
経済が崩壊した時が交代時期だったのではないかと思います。

15年間延命される方に国民も安易にのっかかってしまったことで
過去のツケは凄く大きくなってしまいました。


経済も社会もこれだけ衰退してこの状況で民主党は
すごいたくさんのことをやらないといけない。

@過去の古い仕組みを壊す。その間に景気を持たせる。
A新しい産学や新しい仕組みを作り出す。


これをやるには相当綿密なシナリオと人々に希望を与えるような
戦略が必要です。

今回がラストチャンスなのかもしれません。
これが壊れると政党政治は根底から崩れてしまいます。

誰がやったって同じだとなってしまいますから
民主党は真摯に事態を受け止めて頑張って欲しいですね。

今だからこそ、鳩山代表・小沢さんには初心を忘れないで欲しいですね。

二人とも自民党を飛び出したのが1993年

あの時どうして飛び出したかというと、冷戦後、世界が大きく変わってきました。
経済構造もドンドン変わり、日本が当たり前のように行ってきた統治機構が
このままでは行き詰まり世界はもう待ってくれないよって言って
飛び出したんです。

今度はどんな政策を行っても、そこを変えなきゃいけないですね。
冷戦後の構造改革から、ドンドンと世界中で変化していく産業構造に
日本も変えて応じていかないといけないし

統治機構の基本だった中央集権というものを変えていくという
初心だけは忘れないで徹底してやって欲しいですね。

でないと政権交代の意味もなくなってしまいます。





ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。