環境問題までお金で誤魔化す政府!

気象庁は2008年年平均大気 
二酸化炭素濃度は過去最高を記録したと発表しました。

地球温暖化をもたらすにCo2が増加傾向にあることが明らかになりました。

ちまたにはエコ(ECO)の言葉が溢れ
エコ商品、エコカーなどが人気を集めています。
エコポイント制度も始まるなど、環境問題に熱心な日本人にもかかわらず

一向に、二酸化炭素が減っていない現実・・・何故なんでしょうか?

今から12年前 1997年京都で開かれた気候変動に関する国際会議
日本は議長国として京都議定書を取りまとめ、
2012年までに温室効果ガス排出量を90年比6%削減を国際公約として掲げました。

その後、日本の排出ガスは減るどころか増える一方!
07年の温室効果ガス排出量はマイナスではなく

90年比9.2%増のプラスに・・・?



このままでは国際公約の90年比−6%の実現は困難な状況です。
2009年5月3日 麻生総理は環境面でEUとの協力強化を示し温室効果ガス排出枠を
チェコから4000万d分購入することを強調しました。


排出量枠削減が困難な国は他の国から余った排出枠をお金で買うことができます。
日本はチェコの他にウクライナからも3000万d分の購入契約をしました。

今度、−6%という目標達成の為には、約1兆円が必要という試算もあります。
国際公約を守るため多額なお金を使って帳尻合わせに追われる日本は
本当に世界をリードする環境先進国なんでしょうか?

環境エネルギー政策研究所の飯田哲也所長は以下のようにコメントを

「日本は温室効果ガスを削減するために効果的な政策を何もしていない。
 自然エネルギーの日本の目標値(電力に占める割合)は、2014年までに
 わずか1.63% ドイツは30年までに45% オバマ(米国)は25年までに25%と
 日本と比べて桁違いの目標を掲げています。」

「結果として温暖化問題に対して厳しいルールが日本国内でないままに
環境先進国という神話だけが一人歩きしているんじゃないかと」・・・!

今まで車に乗らない。冷暖房の温度調整など我慢して環境を守ろうとしていたのが再生可能エネルギーなどで職業を創り。雇用を創るというように
環境エネルギー革命で豊かになろうというパラダイムシフトが起こっています。

もう一つは、政策で誘導するという構造改革がまったく逆の形で
猛烈な勢いで進んでいます。

液晶テレビや電卓のコストがあっという間に下がったように
太陽光、電気自動車など蓄電と放熱のネットワークは規模の経済が働きます。

この経済活動を世界中で競い合っているのに日本は完全に立ち遅れている
だけでなく、産業そのものを衰退させています。



今の地球はエネルギー(資源)とエコノミー(経済)と
エンバーラメント(人口増加)の三つ巴に囚われています。

現実にはエコロジカル・フットプリントと言って、
我々はすでに1.3個分地球が持っている資源をオーバーした生活をしているんです。

■過去ブログ 2008年5月23日
       http://drtakagi.seesaa.net/archives/20080523-1.html


涌井雅之教授は、
今から2000年前ギリシャの哲学者が言っていたギリシャ語の「オイコス」という
言葉には、もともと生命の宿る場所、生き物の棲家といった意味がありました。

1866年、ドイツの生物学者E.ヘッケルは、この「オイコス」という言葉と、
ラテン語で「科学」を意味する「ロゴス」とを合わせて「エコロジー」という概念を
つくりだしました。

オイコスとノモスという秩序を表す言葉の組み合わせがエコノミーの概念と
言われています。経済と環境問題は本来一つなんです。

表裏一体と言う観点に立って手段ではなくて哲学というふうに示すかということが
今、日本に一番求められているんではないかと思います。

その結果、どういう手段で実行するのか決め、技術開発で将来の日本を
環境立国として導けるシナリオを書けるかどうかを問われているのでは
ないかと。
※涌井雅之 桐蔭横浜大学教授レポート参照


ちなみに、Co2が何故増えたのかというと
東京電力柏崎刈羽原子力発電所が
止まったことによって2%分増えてしまいました。

原子力から逃げずに2020年までに日本の原子力をどこまで安定して
もっていくのか、それも安全を確保しながら・・・!

そして、再生可能エネルギーをおもいっきり増やす。
そういうことをしないと世界の目標値に近づけない。

温暖化問題に国が一丸となって取り組もうという姿勢にも疑問符がつく今の日本

本気になってCo2を削減して温暖化防止に立ち上がるという
腹をくくった決断を政府がしないと

日本が一番先端の技術と意識など進んでいると思っていたのが
このままだと先進国の中で一番遅れをとることになります。

税金も帳尻合わせの数字で国際公約を達成したなどとウソで世界中を騙すのに使っていいんでしょうか?

排出権ビジネスなんて認めてはいけないし、日本はかかわってはいけない。

排出枠をいくら買ったってCo2が減るわけがないことは誰が見ても明らかです。
数字を誤魔化すのに多額の税金を使う自公連立政権許していいんでしょうか?



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ


s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。