豚インフルエンザは???

4月28日のWHO(世界保健機構)がメキシコでの豚インフルエンザの蔓延を、
フェーズ4の段階だと発表しました。

フェーズ4だと感染国への航空機や船舶による移動の制限が行われるようになり、
フェーズ5になると全世界的に流行が拡大、感染爆発(パンデミック)の
発生を防ぐのはムリで、時間稼ぎが精一杯ということになります。


ところで英国BBCのサイトで公開されている
現地の人々や特に医療関係者らの投稿によると、

メキシコ政府が死亡者の数について隠ぺいしており、
実態は発表数の10倍ですでに2000人を超えているのではないかと見られるのです。

英国BBCのWebサイトで
http://news.bbc.co.uk/2/hi/talking_point/8018428.stm

公開されている、現地の医療関係者からの投稿のおもな内容は次の通りです。

「私はメキシコシティーで最も大きい病院で、専任の医師として働いていますが
悲しいことに状況は全くコントロールできない状態です。

医師の実感としてよくわかるのですが、メディアは事実を報道しておりません。

実はこの6日以内に、この病院でインターンとして働いていた私の2人の同僚が
ワクチン接種を済ませていたのにもかかわらず、この新種のウイルスの
ために亡くなりました。

そこで当局は正式な決議を待たず緊急処置として、
全ての医療関係者ににワクチンを分配しました。

本当の犠牲者数は200人以上なのにもかかわらず、
公式に発表されている死者数は20人です」


「私は、メキシコの国立衛生研究所での呼吸器疾患、集中治療の専門家の医師です。
豚インフルエンザは、ここでは深刻な緊急事態となっています。
より多くの患者が集中治療室に入れられています。

抗ウイルス薬もワクチンも効きません。
量を増やしてもダメです。スタッフの間に恐怖が拡がっています。

医師・看護師の感染リスクは非常に高いのですが、スタッフの英雄的な努力にも
かかわらず患者は亡くなり続けています。

スタッフの少なからずの人たちが職場を去ったり定年による退職を申し出たり、
休暇の申請を出したりしてます」



現地の医療関係者よりの投稿からは、
●抗ウイルス薬もワクチンも投与しても効果がない
●死者の多くが20代から30代の青年層である、ということがわかります。
 死亡率も鳥インフルエンザに比べて10分の1ながら約8%ですが、
 死者の多くが20代から40代です。

4月29日知人がメキシコにいらっしゃる方から、次のようなメールを頂きました。

「私はメキシコシティに住んでいるメキシコ人の友人がおり、
本日の午前中(メキシコ時間は28日の夜)に電話を入れてみました。
昨日の情報でもありましたが、やはり死者の数は発表されている数より
多いようです。

友人の家の近所でも亡くなられた方が出て、
行政により家の消毒が行われたそうです。

致死率の話をしたのですが、もっと多いと思うとの渦中にいる人の言葉でした。
マスクが入手できないとのことで、日本から送ることにしました。

メキシコはもともとのんびりとした風土なので、
感染者がでていない地域ではあまり緊迫感がないようです。

マスクをする習慣もないので、これから感染拡大が懸念されます。
ここで危機感を持ち様々な準備をするかどうかで明暗が分かれそうです」


やはり現地は医療関係者の職場放棄などもあり、
日本の大手マスコミの報道よりかなり深刻な状況にあるようです。

現地ではマスクが大量に不足していて、現地を訪問していた日本人に
マスクを2000万枚送って欲しいとの要望が託されたようです。

現在では生産を手掛けている中国でも倉庫がからっぽで、
世界的なマスク不足が起こりそうです。


WHOは4月30日に豚インフルエンザ感染状況をフェーズ4からフェーズ5へと
一段階引き上げました。

フェーズ5から手のつけられない感染爆発(パンデミックフルー)の状態である
フェーズ6に至るまで、時間的に早くて約半月です。

メキシコ政府はフェーズ5の現段階で、5月1日から5月5日までの間、
学校の閉鎖はもちろん政府機能も停止させると発表しています。

かつて100年近く前に多くの人々の命を奪った「スペイン風邪」は、
第1波、第2波、第3波と3回、よりにわたって人類を襲いました。

第2波は第1波から約半年後に襲って来ました。
今回のその例にならえば、今年の秋から冬にかけてウィルスが人類を
襲う可能性があります。

その場合、ヒトからヒトに連続して感染が起こったウィルスは体内で
遺伝子組み換えが起こり、より毒性が強くなり凶暴と化して
人類を襲ってくるのです。

それまでに人類は一丸となって、「新型対策ウィルス」を開発できるのか
どうかにかかっています。


対策としては、外出からもどった際の手洗いはもちろんですが、


*梅酢でうがいし、少量服用する。
 酢やビネガーなどをマスクにスプレーする。(酢には殺菌作用がある)
 100倍に希釈したEM液をマスクにスプレーしても有効。

*乳酸菌飲料やヨーグルトを食す。(乳酸菌にはウィルスに対する抗殺菌作用がある)
などの対策が有効です。
もちろん睡眠を十分にとり、体調を崩さないという基本も大切です。

引用 : [フォトン・ベルト レポート] 第103号
「パンデミックフルー(感染爆発)で世界が停止する日」




今回の豚インフルエンザの遺伝子を
疾病センターがウイルスの遺伝子を分析した結果、

今回のウイルスは、今まで発見されていないもので、豚インフルエンザ、
鳥インフルエンザ、 ヒトのインフルエンザ(スペイン風邪&A香港型)との
混合型であることが明らかになった。

またWHOはメキシコで発症する前にアメリカの大学生が豚インフルエンザに
感染していたことを把握していました。

しかも一度も豚に触れたことがないことが調査で明らかになった矢先に
メキシコで感染大爆発がおこりました。

詳細をつかんでいたにもかかわらず、すべてが後手にまわったということと
遺伝子の組み換えが意図的になされた疑いも霧に包まれた状態です。





ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。