日本人の「食」へのモラル

フードマイレージ(フードマイル)
フードマイルという言葉は、イギリスのティム・ラング氏が、
1994年に提唱した運動に由来します。

具体的には、食料の生産地から消費地までの距離に着目し、
なるべく近くでとれた食料を食べることで、
輸送に伴うエネルギーを出来るだけ減らし、
環境への負荷を軽減しようという運動です。

これを、日本では、農林水産政策研究所が、
「相手国別の食料輸入量」に「輸送距離」を乗じた数値を、
「フードマイレージ」として提案しています。
※簡単に言うと「フードマイレージ」は、食べものが運ばれてきた距離のことです。


2000 年の日本の食料輸入総量は約5300 万トンで、これに輸送距離を乗じた
フードマイレージは約5000 億トン・キロメートルになります。
これは、日本国内の1年間の総貨物輸送量に匹敵する数値です。

ちなみに、韓国とアメリカのフードマイレージを見ると、
韓国は約1500 億トン・キロメートルアメリカは約1400 億トン・キロメートルで、
日本のフードマイレージは韓国の約 3.4 倍アメリカの約3.7 倍フランスの9倍の水準で、
世界で1番です。

主食になる穀物の比重が高いのが気になりますね。

つまり、日本は他国の何倍も大きく、環境に負荷をかけているということなのです。

原因は自給率が低い事に加え、
農業輸出大国であるアメリカ、カナダ、オーストラリア、ブラジルなどが、
日本や韓国からは遠く離れたところにあるにもかかわらず、

経済力にまかせてこれらの遠隔地から大量に食料を輸入しているためです。



また、日本人の食生活の変化も大きく関わっています。
肉や脂類をたくさん摂るようになり、その畜産物の飼料や油脂類の輸入が増加。
フードマイレージを一気に大きくしました。


ちなみに大阪名物のたこ焼きに使うタコは今どこから入ってきているかご存知ですか?
大半の意見として、日本でタコの産地といえば明石のタコが有名ですが、
瀬戸内産で獲れるタコの量ではぜんぜん大阪人の胃袋は満たせません。

2年前までは、アフリカ大陸大西洋岸のモロッコから入ってきていましたが、
現在は資源枯渇でモロッコ政府が漁獲を規制したお陰で、今では隣国
モーリタニアから入ってきています。
たこ焼きの小麦はアメリカ・カナダ、タコはモーリタニア
大変なフードマイレージをかけて入ってきているんです。

みんなが国産の食品を食べることで、国内の食料生産量が増えて自給率が上がれば、
遠くの外国から食料を運ぶ必要がなくなります。
また、国産を選ぶことは、日本の農地を増やし、
農業で働く人を増やすことにもつながります。

“同じ距離でも、輸送手段が違えば、環境負荷も変わります。(トラック、鉄道、船、飛行機)
「排出権ビジネスで地球温暖化防止に貢献」という新たなマネーゲームまで登場する始末。

そのうち、日本はCo2削減という名目で排出権を世界中から押し付けられて、
多額なお金を要求される可能性があるのに・・・・!
政府はまったくの無策です。

こんなことがいつまで続けられるか真剣に考え、対策する必要があります。

いつから日本人は自分さえ良ければ・・・。
お金儲けの亡者に成り下がったんでしょうか。
中国だけじゃない。国内からも出るわ出るわ。食の不祥事が・・・!

「一期一会の心」
料亭の最高峰としてこの料亭を語る時のキーワードだったはずなのに。
「手つかずの料理は食べ残しとは違う」 高級料亭の女性社長は、再利用した料理の表現にこだわった?
消費期限切れの食品販売、食材の産地偽装などに続き、
今度はお客が箸をつけずに残した料理を盛りつけ直し、
別のお客に提供していた不祥事。

牛ミンチ偽装、比内地鶏偽装、製造日・消費期限偽装など
世界的に有名な大企業から創業300年を越えた老舗まで

日本人の食に対するモラルを根本から変えていかないといけない時期にきています。
こんなことをしていて、子供が健全に育つはずがありません。

日本の将来のためにも、私たち大人が人間としての「モラル」を早く取り戻さないと・・・

今年のお正月に放映された「地球危機2008年」から
「コンビに弁当のマイレージ」に関した映像です。



次回は、「コンビに弁当」 捨てても利益が出るの?へ つづく・・・。



ランキングに挑戦しています。多少なりとも価値を感じていただけましたらクリックx2票宜しくお願い致します。↓↓↓
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ  人気blogランキングへ



s.t.f.PENTAGON



ウィンスクエアクラブ H.P.

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。